犬が背中やお尻を向ける意味

犬が自分のお腹を見せて寝転がるときは、その人に対して心を許している証拠というのは聞いたことありませんか?お腹は犬の急所なので、信頼している人に対してや怒られたときの服従の姿勢としてお腹を見せるのです。 

そして、お腹以外にももうひとつ犬の急所があります。
実は後ろ足も犬の急所で、後ろ足を攻撃されないように外敵に対して背中やお尻を向けないようにするといわれています。
後ろ足は犬にとって走るための大事な部分です。犬がまだ野生で生活していた頃、後ろ足を攻撃されると生活できなくなることから自分の身を守るという本能的な行為として、背中やお尻を守るようになったといわれています。

また、犬はもともと集団生活をしていたため、敵に攻撃されないように仲間同士で背中をくっつけあって寝ていたそうです。
これは背中とお尻を守るとともに仲間同士で死角をなくし、外敵が近づいてきたらすぐに逃げたり攻撃したりするための生き延びるための策なのです。

飼い主に対しての信頼の証

犬が人に対して背中やお尻を向けるのは、「後ろにあなたがいても安心」「あなたを信頼してるよ」という信頼感の表れです。
近寄ってきて背中やお尻を向けて座ったり、飼い主にお尻をくっつけて寝るのは、急所を押し付けることで安心感を得ようとしているのです。
そっぽ向かれて、この子に嫌われているのかな?と思われる方もいると思いますが、実はまったく逆の嬉しいことなのです。

人間の方から犬に背中を向けると仲良くなれる?

犬は苦手な犬と仲良くなるために、わざと背中やお尻を向けて信頼の証を見せようとすることもあります。
また、犬同士がケンカするとどちらかが目をそらしたり背中やお尻を向けたりして「落ち着いて」と体で表現します。
目をそらすことも、相手に敵意がないことを表しています。
敵意がなく信頼している犬に対して、また服従の意味として背中やお尻を向けたり、目をそらしたりして相手と友好的に接しようとしているのです。

犬社会にはこのようなルールがありますが、人間も仲良くなりたい犬がいたらわざと背中やお尻を向けてみると、この人は自分を信頼してくれると思って仲良くなれるかもしれません。
人間社会では背中やお尻を向けるのは、まったく逆の「相手を避けている」という意味になるので実践するのはオススメしませんが・・・(笑)

お尻タッチを嫌がる場合は・・・?

犬にとってお尻は無防備な場所なので、後ろから触られると「ウー」と唸ったり、ビクッとしたりすることがあります。
まだ信頼していない相手に対して急所を攻められて、怖い気持ちになることからこのような反応をしてしまうのです。
飼い主にお尻を触られたり背後に回られるのを嫌がる犬は、まだ飼い主のことを信頼ができていない証拠でもあります。
飼い主がご主人として犬との信頼関係が成り立てば、自ずと犬はお尻を向けてくるものなのです。

犬によっては、会ったばかりの人に対してすぐにお尻を向ける子もいれば、ずっと一緒に生活しているのにお尻をタッチされるのを嫌がる子もいるので、性格的な警戒心の強さも関係しているのかもしれません。

まとめ

犬は後ろ足を攻められると走れなくなるという本能から、背中やお尻を守るようになった犬が背中やお尻を向けるのは、その人を(犬を)信頼している、または服従しているという意味であるまだ信頼していない相手に対しては、お尻をタッチされるのを嫌がる

今では犬も家族の一員として人間とともに快適な暮らしをしていますが、昔は野生でサバイバルのような生活をしていて、そのときの身を守るための方法が今でも本能として表れているのですね。
犬の習性は、本当に興味深いことが多いなぁと思います。