これはもうモンスターでしょ…通常の4倍以上もある「巨大ロブスター」が捕獲される

写真拡大

信じられないほど巨大なロブスターが発見され、話題となっている。

ハリケーンの後に浅瀬で捕獲する

これが見つかったのは大西洋に浮かぶバミューダ島で、捕まえたのは漁師のTristin Loescherさん。

彼によればハリケーン「ニコル」が去った晩に、浅瀬にいた大きなロブスターを捕獲したという。

しかもその大きさが、ケタ外れの14ポンド(約6.3kg)。

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

通常市場に出回っているものは、1ポンド(約454g)から3ポンド(約1.4kg)だが、大きいものと比べても約4倍以上の重量だったとされている。

15年のベテラン漁師も初めて

Loescherさんは15年も海に潜ってきたベテラン漁師。

そんな彼でも、このロブスターの大きさは想像を超えていたようだ。

LoescherさんはINSIDEeditionの取材に対し「私の人生の中でも、このような大きなものは見たこともありません。こんな巨大なロブスターに会えるとは、思ってもいませんでした」と語っている。

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

ロブスターを海へ返してあげる

彼はロブスターを捕獲後、数枚写真を撮り、地元の水族館へ寄付しようと連絡。

しかし捕まえたのは夜で、水族館もすでに閉館して連絡が取れなかったため、結局海へ返すことにしたという。

実際、Loescherさんはその後、再び海へ戻って約30分間一緒に泳ぎ、ロブスターが元気を回復したのを確認してから放してあげたそうだ。

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

Facebook/Sanctuary Marine Bermuda

推定年齢は30歳から40歳

しかしせっかく捕まえたのに、なぜロブスターを食べようとはしなかったのだろうか。

このロブスターの推定年齢は30歳から40歳。そうなると肉は固く、食用に適したものではないそうだ。

Loescherさんもフェイスブックでの質問に対し、最初からロブスターを食べるつもりはなかったと答えている。

これまでも青や黄色など珍しい色をしたロブスターが話題となってきたが、ここまで大きなものもかなり珍しいのではないだろうか。