写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Peach Aviationは10月19日、2018年度中に新千歳空港を4カ所目の拠点空港にすることを発表。新千歳空港に夜間駐機し、同空港を起点とした国内線・国際線の複数路線の運航を新たに行うことに加え、新千歳空港からの道内他空港への路線や、道内他空港から本州の空港などへの路線も展開を予定している。

新千歳空港の拠点化と道内他空港への路線展開について、代表取締役CEOの井上慎一氏は、「Peachが初めて就航した路線は新千歳線であり、就航当初より道民の皆さま、観光団体、経済団体の皆さまから新千歳空港を拠点化してほしいとの声を数多くいただいていました。北海道は、道央に限らず観光資源やグルメが豊富で、まだまだ潜在的な需要が大きいエリアです。多くの国内外のお客さまを北海道にお連れするので、どうぞご期待ください。

また、新千歳空港と道内他空港を結ぶ路線を展開し、さらに道内他空港と本州の空港などを結ぶ路線を展開することで、道民の皆さまの気軽な空の旅の手段として定着し、道民の皆さまに愛される身近なエアラインとなることを目指します」とコメントしている。

Peachは現在、1日あたりの搭乗旅客数は1万3,000人を超え、路線数は国内線14路線、国際線10路線の全24路線を展開。2017年度には仙台空港を拠点空港とし、2018年度には新千歳空港を拠点空港とする。