<京都レディースオープン 初日◇19日◇城陽カントリー倶楽部(6,373ヤード・パー72)>
 本日よりLPGAステップアップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」が京都府の城陽カントリー倶楽部にて開幕。第1ラウンドの競技を終え、上原美希がトータル5アンダーで単独首位発進を決めた。トータル2アンダー・2位タイに沖縄尚学高校の後輩・大城さつきと山里愛ら5人が追走する。
今季の国内女子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 
 OUTから出た上原は出だしの1番でボギーを叩くものの、6番で3メートルのバーディパットをしっかりと沈め、前半をイーブンで折り返す。後半は10番で7メートルのバーディパット成功を皮切りに14番から4連続バーディ。バックナインで5つのバーディを積み重ね、単独首位を快走した。
 5月に行われた「ブリヂストンレディス」では2位に入るなど、レギュラーツアーでも結果を残し、現在賞金ランキングは54位。今大会の優勝者には「伊藤園レディスゴルフトーナメント」と「大王製紙エリエールレディスオープン」の出場権が与えられる。来季のシード圏内に届きそうな上原にとっては喉から手が出るほど欲しい権利だが、「城陽カントリー倶楽部は、ガツガツいったら痛い目に合うので、我慢しながら優勝目指してプレーしていきたい」。あくまで冷静に目の前の戦いに目を向けた。
 「気持ちの面では“恐れず、侮らず、気負わず”やりたいです」。母校の校訓を胸に、レギュラーツアー出場権を掴むべく、明日の最終戦に挑んでいく。
【初日の順位】
1位:上原美希(-5)
2位T:大城さつき(-2)
2位T:山里愛(-2)
2位T:鎌田ヒロミ(-2)
2位T:篠原まりあ(-2)
2位T:ウェイ・ユンジュ(-2)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【女子プロ徹底調査第4回】シーズン中にアルコールって飲む?
ギリギリ圏内は香妻琴乃 高額賞金大会を前にシードライン上の状況は?
ツアーで見つけた旬ギアネタ【富士通レディース 編】
美女ゴルファーが目白押し!女子プロ写真館