“パパ友”って必要?それとも不要?既婚男性100人に聞いてみた!

写真拡大

“ママ友”はよく聞くけれど、“パパ友”となるとどうでしょうか。

普段なかなか育児に参加できないパパもいるかもしれませんが、幼稚園や保育園の送り迎えをしたり、行事に積極的に参加したりするパパも増えているのでは?

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­

そんな中、パパ同士が仲良くなり、飲みに行ったり、一緒に遊んだりなんていうケースもありますよね。そこで今回は、パパ100人に、パパ友を作りたいかどうかアンケートを実施! 実際のところどう思っているのか本音を集めましたよ。

­

質問/「パパ友」を作りたいと思いますか?

回答/YES:42 NO:58

­

まずはYESと答えた方の回答から見ていきましょう!
相談相手が欲しいからYES
・「父親同士の交流というものがあまりないので、色々と情報を交換してみたい」(30代/自営業)

­

・「子育てのこととか、日頃の家庭での生活のことなど、他の家庭の事情を聞いてみたい」(30代/自由業)

­

・「何か子育てに関して困ったときに相談相手が欲しい時があることと、たまには愚痴を言い合える関係の人が欲しいと思うので」(30代/会社員)

­

・「育児はよくわからないことが多く、パパ友がいれば同じような悩みを相談できると思ったから」(30代/会社員)

­

・「子どもの行事で顔を合わせても知らない人ばかりだと孤独感を感じる。問題が起こった時に先輩パパに相談できるとよいと思う」(30代/自営業)

­

・「休日は全て育児に使っていて、自由がないので同じ状況のパパ友で集まれたら楽しいと思います」(30代/会社員)

­

・「子育てについて、パパ目線から相談できる友達がいるといい。また、家族同士の付き合いも良いと思う」(40代/会社員)

­

・「父親の立場から子供のしつけについて相談したり、悩みを聞いて欲しいときがある」(40代/フリーランス)

­

・「同じぐらいの子供を持つ父親同士で、子供のこと、あるいは嫁のことを語り合いたい」(30代/会社員)

­

・「児童館や参観日にパパのみで参観した場合になかなかママ友の輪には入りづらく孤立しがちだから、パパ友がいると楽かなと思います」(30代/アルバイト)

­

子育ては、わからないことだらけで不安も多いはず。イクメンならではの悩みを抱えているパパの相談相手は同じパパ目線で聞いてくれるパパ友が一番! 子育ての悩みだけではなく夫婦の悩みなども、同じ立場のパパに相談したい!!という声が多数。
職場以外の友達が欲しいからYES
・「結婚して家庭を持つとなかなか新しい出会いはありませんし、とても貴重だと思います。仕事が絡まないのも魅力です」(30代/会社員)

­

・「職場関係しか人間関係がないと、退職後に困ると思うから。小学校のおやじの会に入るなどして、地域にも友人を作るようにしています」(40代/会社員)

­

・「子育てに関する情報をきっかけに、趣味が合えば一緒に遊ぶことができるからです」(40代/公務員)

­

・「会社だけでなく、利害関係のない人間関係を作りたいが、社会性に乏しい父親は、子どもを共通の話題にして友達を作るのがいいと思う(サッカーチームなど)」(50代/会社員)

­

・「気が合う人とは仲良くなりたいですね。仕事場以外の人とはそんなに接点がないので、大事な社交場だと思います」(40代/会社員)