中国の国家図書館は国家社会科学基金抗日戦争研究特別プロジェクト「日本人戦犯裁判文献の収集、整理、データベース構築」を行った。

写真拡大

中国の国家図書館は極東国際軍事裁判開廷70周年に当たり、「丸ノ内裁判文献集」「ハバロフスク裁判尋問記録」「第2次大戦日本軍戦史資料集」を出版した。国家社会科学基金抗日戦争研究特別プロジェクト「日本人戦犯裁判文献の収集、整理、データベース構築」も同時に行われた。人民日報が伝えた。

18日の記者発表会で、国家図書館の韓永進館長は「『日本人戦犯裁判文献の収集、整理、データベース構築』プロジェクトは現有の民国期の文献保護事業『日本人戦犯裁判』資料の収集と整理を基礎にしたものだ。この作業を通じて、初めて日本人戦犯裁判文献を主体とし、データベースの形で、世界各地に散らばる日本人戦犯の裁判文献を最も全面的に、集中的に集め、整理し、研究し、資源が豊富で機能が整った、開放的で迅速に使用できるデータベースを構築し、日本人戦犯裁判文献の集中的整理とワンストップの検索を実現し、学者の使用に最大限の便宜を図る」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)