ミーンズワイルなどのショーも、2016新人デザイナーファッション大賞アマ部門の大賞発表

写真拡大

 「2016 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」のアマチュア部門最終審査会が10月19日、渋谷ヒカリエで開催された。アマチュア部門では上田安子服飾専門学校の学生ファン ティ カム トゥ(PHAN THI CAM TU)が大賞を受賞。会場ではプロ部門を受賞した「ミーンズワイル(meanswhile)」など5ブランドのランウェイショーも開催された。 2016新人デザイナーファッション大賞アマチュア部門の大賞発表の画像を拡大

 「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」は、1984年にオンワード樫山が創設した新人デザイナーを発掘するファッションコンテスト。今回のアマチュア部門では世界9の国と地域から6,672点の応募があり、そのうち25点が最終審査にノミネートされた。大賞を受賞したベトナム出身のファン ティ カム トゥは「KINTSUGI」をテーマに、日本の伝統工芸から着想した作品を発表。優秀賞は名古屋モード学園の後藤凪が受賞した。 プロ部門のショーでは、「ミーンズワイル」「リュシオル ジャンピエール(LUCIOLE_JEAN PIERRE)」「リエカイノウエヌー(RIEKA INOUE GNU)」「ネイプ(NAPE_)」「ヘルマフ アンド ロディタス(HELMAPH & RODITUS)」がそれぞれコレクションを発表した。