写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月29日公開の映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の公開記念イベントが18日、都内で行われ、タレントの高橋真麻、お笑いコンビ、ピースの綾部祐二が出席した。

本作は、仕事も恋愛も常に全力投球の主人公ブリジット(レネー・ゼルウィガー)の姿を描いた『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの第3作。アラフォーとなったブリジッドが、アプローチされた2人の男性の間で揺れ動く、というストーリーだ。

本作の公開を記念して行われた同イベントに、同シリーズの大ファンだという高橋真麻と綾部祐二が登壇。同シリーズでお馴染みの名曲「オール・バイ・マイセルフ」を熱唱しながら登場した高橋は「今日はブリジットを意識した衣装にしてみました。ちょっと痛い感じが上手く再現出来ていると思います」とファッション解説。レネー・ゼルウィガーが演じた主人公のブリジットについて「ブリジットは32歳の時からチャーミングで可愛らしキャラクターでしたが、43歳になったブリジットは30代の時より大人になっていて、見た目も細くて歳をいい感じに重ねていました」と絶賛し、熟女好きという綾部も「たまらない熟女になっていましたよ。40代半ばに向けて色んな人生がぎゅっとお顔や表情に詰まっていて、1作目や2作目とは違うブリジットが見られました」と話していた。

タイトルにちなみ、自分のモテ期を問われた高橋は「本当にないですよ。だって同業者の方に1回も電話番号を聞かれたり食事に誘われたことがないんですもの。女性として見てもらえないんだと思いますよ。今回の映画のように三角関係がバレたら父親に斬られてしまいます(笑)」と苦笑いも「強いて言うなら27歳のときですかね。その時は好きな人がいたので、周りを見られませんでした」と告白。また、来年4月からアメリカ・ニューヨークに活動の拠点を移すことを発表した綾部だが、それについては一言も語らなかった。映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は、10月29日より全国公開。