男性が「なんでそこに金かけるの!?」と女性に思うこと・6つ

写真拡大

ほしいものがあると、どうしても我慢できなくなって、ついお財布を緩めてしまうこともありますよね。とはいえ、後先考えずにお金を使っていると、男性から疑問に思われることもあるようです。今回は、男性に理解できないと思われがちな「女性のお金の使い道」をご紹介します。

■ブランド品を買う

・「ブランドものだというだけで、普通の何倍も高いバッグを喜んで買う」(37歳/電機/技術職)

・「ブランド品を買い漁ること。一つあればいいではないかと思う」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

ブランド品を好む女性も、多いかもしれませんね。とはいえ、いくつも買い求めていると、男性からは理解されないこともあるようです。

■エステ通い

・「エステ。運動したりすれば内側からキレイになれるのに」(22歳/情報・IT/事務系専門職)

・「エステ。美容クリニックに使う費用」(35歳/不動産/その他)

キレイになりたくて、エステに通う女性もいるのでは。美容に高額なお金をつぎこむことは、男性からはあまり賛同されないようですね。

■ネイルケア

・「ネイル。そんなところ男は見ていないのにいちいち気にするから」(28歳/学校・教育関連/その他)

・「ネイルケア費用。実用性が感じられない」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ネイルサロンに通って、爪をキレイにしてもらうのは女性としてはめずらしくないこと。好みのデザインに仕上がると、気分も上がりますよね。でも男性からすると、なんで爪にそれほどお金をかけられるのかが不思議なようです。

■高価な化粧品を買う

・「化粧品が高価なものばかりだと、あまり理解できない。自分の体質にあったものを選んでほしい」(33歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「高い化粧品をためらわずに買うこと」(33歳/運輸・倉庫/技術職)

効果のほどはさておき、高級な化粧品を購入することもありますよね。小さな美容液に、何千円もお金を払えることが、男性からは理解できないようです。

■洋服にお金をかける

・「洋服にお金をかけて、ダサい部屋に住んでいる」(38歳/建設・土木/技術職)

・「洋服をしょっちゅう買うことは理解できない」(36歳/小売店/営業職)

シーズンごとに新しいデザインの洋服が販売されると、オシャレに敏感な女性は、購入したくなるものですよね。毎シーズン洋服を購入する女性の気持ちは、男性にはわかりかねないかもしれません。

■同じようなものを買う

・「同じ服の色違いを何着も購入する。購入して着ればいいが、一回も使用しない」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「同じような商品を数多く購入すること」(39歳/その他/その他)

自分にとってはまったく違う商品でも、周りからすると同じように見えてしまうこともあるもの。お気に入りのものをそろえると、どうしても似通って見えるのかもしれませんね。

■まとめ

オシャレや美容のためにお金を使うことが、どうしても男性からすると理解に苦しむようです。でも女性がキレイでいるのは彼氏や旦那さんのためでもあるので、お互いに理解し合えるよう、少しずつ歩み寄れる関係になれるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日〜2016年10月7日
調査人数:137人(22〜39歳の男性)