誰かに”八つ当たり”してない?毎月のやっかいな「PMS」とのつき合い方

毎月生理前になると心が不安定になったり、彼氏との喧嘩が増えたりしていませんか?
それって、PMSの症状かも?!
PMSには、身体の不調と心の不調が存在しますが、今回は、心の不調とのつき合い方を考えてみたいと思います。

「PMS」とは?

shutterstock_221645620

別名「月経前症候群」。
生理前になると、ホルモンバランスの影響で、精神的な不調と身体的な不調が現れる症状を指します。
PMSの症状は個人差があり、同じ人でも月によって違うなど非常に複雑で、その種類は200以上もあるのだとか!
精神的症状の代表例

shutterstock_232945171

・イライラする。怒りやすくなる。
・泣きたくなる。気分が落ち込む。
など、攻撃的になったり、孤独感を感じたりすることが多いよう。
PMSが招くトラブル

shutterstock_203545795

当の本人からすると、自分でコントロールできない問題であり、自分自身が最も悩んでいるため
「理解して!」と思うかもしれません。
しかし、男性やPMSの症状のない女性からすると正直「???」。
それに、頭では「PMSが原因」と理解していても、毎月毎月振り回されるうちに疲れてしまい、人間関係に大きな亀裂を生む可能性も否定はできません。

PMSとのつき合い方

shutterstock_136305014

では、そんな最悪の自体を招かないためには、どうPMSとつき合って、対処していけば良いのでしょうか。

ー覚をする

PMSを持った人の中には、自覚症状がない方も大勢います。
毎月同じような時期に心が不安定になると感じたら、それはPMSかも?!
症状などを勉強し、まずは自覚症状を持つことから始めましょう。

病院に行く

自分の力での改善が難しい場合は、専門機関を受診してください。
食事面や生活面でもアドバイス、医薬品の処方をしてもらうことで
症状がぐんと軽くなります。

「PMSだから」と言い訳にするのをやめる

イライラや落ち込みはPMSのせい。
実際そうでしょう。
しかし特に男性は、「女性特有のこと」を切り札のように持ち出されるのを嫌います。
本当にPMSのせいであっても、それが原因で恋愛関係の破綻や、友情に亀裂が入るのは嫌ですよね?
言い訳にしたり開き直ったりせず、改善したい意志を周りに示して!

の人や友人と一定の距離を取る

こちらも個人差はあるものの
一般にPMSが起きるのは「生理の3日前から10日くらい前までの間の約1週間程度」と言われています。
ですから、この期間は仕事関係などやむ追えない人以外との接触を断つのも手です。

shutterstock_141369193

誰のせいでもない「PMS」。
だけど、これは自分自身の問題です。
仕方のないこととはいえ、これが原因で大きなトラブルに発展したら、悔やんでも悔やみきれないですよね。
だからこそ開き直らず、改善のために努力をしながら、上手に向き合っていきましょう。