ASTRO ©Fantagio Music 左からウヌ、ジンジン、エムジェイ、サナ、ラッキー、ムンビン

写真拡大

韓国の6人組ボーイズグループ、ASTRO(アストロ)が10月14日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて初来日ショーケース「ASTRO THE 1ST SEASON SHOWCASE IN TOKYO 2016」(2回公演)を開催した。

【画像】ASTROのイベントの写真を一覧で見る

ジンジン、エムジェイ、ウヌ、ムンビン、ラッキー、サナの6人から成るASTROは、今年2月に韓国にてミニ・アルバム『Spring Up』でデビューしたばかりの新人グループ。しかし、その注目度の高さには目を見張るものがある。

8月に開催した初単独ミニ・ライブのチケットは発売開始わずか1分で3000席が完売。その勢いは母国だけとどまらず、東京をはじめとする主要都市を巡るアジアショーケースを発表、国内外で話題に。日本でのお披露目となったこの公演のチケットも、会場キャパシティの7倍の申し込みが殺到し、急遽追加公演が決まったほどの人気ぶりを見せつけた。

昼公演――。メンバーを待ちわびるアロハ(=ASTROのファン)でぎっしり埋め尽くされたフロアは、熱気と興奮が渦巻き、盛り上がる“準備完了”。黄色い悲鳴にも似た大歓声に迎えられ登場したメンバーは、デビュー・ミニ・アルバム収録のリード曲『Hide & Seek』と『Puss in Boots』でエンジン全開!

飛び切りキュートでフレッシュなパフォーマンスで魅せる中で、軽やかにターンをキメたり(ラッキー)、手を振り愛嬌を振りまいたり(サナ)、「こんにちは〜!」と元気いっぱい叫んだり(エムジェイ)と、メンバーさまざまにアロハの声援に応えた。

「Wanna be your star!」と、アロハを虜にする笑顔全開、元気いっぱいにお決まりの挨拶をすると、歓声で沸くフロア。初めて日本のアロハを目の当たりにしたメンバーは大はしゃぎで、チケットが完売したことに、ウヌは「やった〜! 全然想像できませんでした。日本の皆さん、愛してる!!」と大喜び。初来日にあたりとても心配していたそうだが、そんな心配は無用、「今日はすべて出し切ります!」(ジンジン)と意気込み、イベントをスタートさせた。

この日は初ショーケースということで、メンバーの個性がわかる企画で盛り上がり、メンバーのバラエティへの適応能力(センス)が発揮された。

まずは、“これはメンバー内でナンバー・ワン”だと自慢できるものを自己申告するコーナーから。昼の部では、ラッキーが「テコンドー」を挙げ、「代表クラスです!」と自信満々。その実力を証明すべく、身長よりも高い位置にジンジンが掲げた空のペットボトルを回し蹴りで飛ばしてみせるラッキー。これには当然ながら「キャ〜〜〜❤」。

この本気の特技に対して、サナはまさかの「“炭酸飲料をはやく飲むこと”が、できます!!」と、キュートにサムズアップ。ジンジン、エムジェイを相手にコーラの早飲み対決をするとなると、「乾杯〜!」からの、あっという間にグビグビ飲み干したサナは「やったー!」と無邪気に大はしゃぎ。「炭酸が体質に合っているんです」と可愛らしい説明つきで勝利(?)を喜ぶサナに、アロハからも「カワイイ……」と声が漏れる。

「食べ物を投げて口でキャッチするのが得意」というエムジェイも実演。ラッキーが投げる巨大なマシュマロを見事にキャッチ!……とはならず、残念ながら失敗。ジンジンも挑戦すると、(あやしいながらも)まさかの成功となり、エムジェイには、“セクシーダンス”という罰ゲームが課せられた。腰や肩をウェーブするダンスに始まり、乗馬ダンス(PSYの『江南スタイル』)にヒップをフリフリ……と、会場を沸かせるエムジェイ。グループの明るいムードメーカーらしさを発揮していた。

また、“ダンスの実力を測る”ため、日本のダンス曲を一度だけ見てコピー、即興カバーするというコーナーもあった。

E-girlsの『おどるポンポコリン』を、ラッキーはダンス担当らしく、初見でコピーする驚異的な能力を発揮。真顔でキレのある“全力ポンポコリン”には、ジンジンから「エアロビクスみたい」というツッコミも(韓流ぴあは、ムエタイの選手に見えたよ!)。そんなジンジンがカバーするのは、AKB48の『フライングゲット』。映像をたどたどしくなぞりながら挑戦。

エグスプロージョンの『関ヶ原の戦い』をカバーするのはムンビン。こちらは一発OKとばかりに、ジンジンとラッキーを交えてパフォーマンス! 完コピに近い様でアロハを歓喜させると、サナにバトンタッチ。サナは、AKB48の『ヘビーローテーション』を見よう見まねでコピー。なかなか様になっており、アドリブを加える余裕も見せ、ヘビロテも問題ナシ。

ウヌがカバーしたKARAの『ミスター』では、ウヌよりもバックの5人が自信満々にヒップダンス。6人で「アスカラ(AS+KARA)です!」(ウヌ)と大盛り上がり。エムジェイがカバーしたエグザイルの『Choo Choo TRAIN』(イントロ)では、「アスザイル、アストレイン!」(ウヌ)に変身。エムジェイを先頭に6人が一列になって笑顔でぐるぐるぐるぐる……。最後尾のジンジンだけがドヤ顔で微動だにせず、フロアの笑いをさらっていった。

“ズルをした”という判定を受けたサナ以外が優勝ということで、“ゴムパッチン”の罰ゲームはサナへ。ここでも、ゴムの端をくわえたサナが、もう片方の端を引っ張るエムジェイより先にゴムを放し、エムジェイにパチーン! お笑いの“お約束”も忘れず、フロアは笑いに包まれた。

そして、これらの笑いにあふれた楽しい企画コーナーはもちろん、間に挟まれたライブパートもフロアの目を釘付けにしたメンバーたち。2枚のミニ・アルバム収録曲はもちろん、このショーケースのために準備したという、嵐の『果てない空』のカバーも熱唱。ムンビンの第一声にフロアは色めき立ち、その喜びに後押しされるようにムンビン、サナのガッツポーズや投げキッス、ジンジンのフリーダンスも飛び出し、大盛り上がり。また、ムンビンが幼い頃に出演したミュージックビデオでもおなじみ、東方神起の『風船』のカバーなども披露、初々しいながらも確かなパフォーマンスで惹きつけた。

終始笑顔に溢れたイベントの終わりの足音が近づく。ジンジンは初イベントを振り返り、「ここに泊まって行きたいくらい」と名残惜しそうにコメント。「どこにいても僕たちと一緒にいてくれてありがとうございます」とお礼を述べる一方で、大きな夢を掲げた。

「僕たち、いつかドーム・ツアーをするつもりなんです!」。実際にイベント前日にドーム(の外周)を見てきたそうで、「ドームのパワーを感じてきました。頑張って、5年後? 3年後? いや明日やろうかな(笑)。そんな気持ちです。とにかく、一生懸命頑張って、その日が来るまで皆さんが一緒にいてくださったらうれしいです」と、胸を弾ませながら語るジンジン。ムンビンも「僕たち、日本を愛しています。アロハの皆さん、ずっと僕たちと一緒にいてください」と呼びかけた。

そして、爽やかに締めくくるかと思いきや……日本のアロハのために準備してものがあると、エムジェイとムンビンが何やら耳打ち。ふたりで、りゅうちぇるのネタ「建設関係トントントン」を笑顔全開で披露し、フロアを爆笑で包んだ。

本編最後は、2ndミニ・アルバムのリード曲『Breathless』を披露し、アンコールでは再び『Hide & Seek』を。個々にステージを歩きながらアロハとコミュニケーションを図りつつ、ダンスコーナーで習得した日本のダンスもさっそく取り入れ、アストロとアロハが一体となる盛り上がりの中で締めくくった。

スペイン語で「天体・星」を意味するグループ名には、“愛するすべての人々と一緒に夢見て、輝く星になりたい”という願いが込められている。その想いを胸にいっぱいに日本初上陸を果たしたASTRO。新人らしい“キラキラ感”はありながらも、堂々としたステージングには人を笑顔にするセンスを感じたし、のびのび“ザ・自由”な姿にはなんだか親近感を覚えた。(マイクを忘れて話していたり、たびたび通訳を忘れてしゃべるという初々しさも、ネタなんじゃないかと思えてきたよ(笑))。

大きな夢を掲げたASTROは、日本でも一番星を目指す!