食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」展 - 世界屈指のアート集団が製作を担当

写真拡大

見て食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」展が、東京・日本橋茅場町で開催される。会期は、2017年1月28日(土)から5月21日(日)まで

製作を担当するのは、デジタルアート集団「モーメント・ファクトリー」。マドンナをはじめとする海外一流アーティストの演出やスペインのサグラダ・ファミリアのプロジェクション・マッピングなどを手掛けた、世界屈指のファクトリーだ。

日本の展覧会でデジタルアートを手掛けるのは今回が初めてで、四季と自然が育む米や食材をモチーフにしたプロジェクション・マッピングやシノグラフィー(光と音の舞台装置)により、日本人が知らなかったユニークでミステリアスな和食の世界を創り出す。また、展覧会で登場するキツネ役のボイスキャストにはアイドルグループ・乃木坂46の松村沙友理と若月佑美を起用。

本展は、ただ見るだけでなく五感で体感する新感覚の展覧会だ。例えば、稲から米へ、米から和食へと変化していく過程を光で表現し、普段目にする事ができないマクロとミクロの世界を視覚、聴覚、嗅覚、触覚で体験。さらに最後に辿り着くレストランでは、ジョエル・ロブションや村田吉弘、中東久人など日本と世界の一流料理人監修による和食を実際に味わえる。

展覧会のエッセンスに採用されたのは、古事記。来場者は五穀豊穣の神様の使いであるキツネに化かされて神々の住む森へと迷いこみ、神様のレストランを目指す途中で和食の魅力を体験していくストーリーを楽しむことができる。世界屈指の技術で表現された、和食の魅力を再発見してみては。

【概要】
見て食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」展
日程:2017年1月28日(土)〜2017年5月21日(日)
場所:日本橋茅場町「特設会場」
住所:東京都中央区日本橋茅場町1-8-1
入場料:
・通常チケット(“神様のおいなり”付)
前売料金 大人(高校生以上) 1,800円、子ども(3歳以上〜中学生以下) 800円
(販売期間 2016年10月29日(土)〜2017年1月27日(金))
当日料金 大人(高校生以上) 2,000円、子ども(3歳以上〜中学生以下) 1,000円
(販売期間 2017年1月28日(土)〜2017年5月21日(日))
・「江戸の秘密展」×「食神さまの不思議なレストラン展」セット券
前売料金 2,900円
(販売期間:2016年10月29日(土)〜2017年1月27日(金))
当日料金 3,400円
(販売期間 2017年1月28日(土)〜2017年5月21日(日))


[写真付きで読む]食べる体験型デジタルアート「食神さまの不思議なレストラン」展 - 世界屈指のアート集団が製作を担当

外部サイト

  • 東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催
  • 「青参道アートフェア2016」表参道&青山のファッションストアや人気カフェが展示スペースに
  • 50年の歴史を辿る「わたしのマーガレット展」名古屋で開催 - ベルばら、花より男子、アオハライドなど