子どもの「自殺」を防ぐために親ができることとは? 最新研究で明らかに

写真拡大

子どもを亡くすことは、非常に悲しいことです。その死因が自殺であれば、悲しみだけではない、強い痛みや苦しみをもたらします。

子どもの自殺原因は「イジメ」より「親子の問題」が多い! 日本の自殺率が高い3つの理由

アメリカ疾病予防管理センターによると、5〜11歳の子ども100万人当たり、自殺で死亡するのは2人以下。

また青年期(12〜17歳)の子どもに関しては、100万人当たり約52人となっています。アメリカでは平均して、12歳以下の子どもが毎年約33人自殺しているそうです。

子どもは自殺の意味をどこまで理解しているのか

ブライアン・ミシャラ氏が、65人の小学生(1年生〜5年生、6〜12歳)に死と自殺についてのインタビューを実施しました。

1年生では、ひとりだけが自殺の意味を理解していましたが、3年生になると、全員が意味を理解していたそうです。自殺について同級生と話したり、テレビで見たり、大人が話しているのを耳にしていたのです。

また自死や自殺を理解していた子どもたち全員が、ひとつまたはそれ以上の自殺の方法を説明することできたといいます。

最新研究でわかった“子どもと青少年の自殺の類似点”

ネイションワイド小児病院研究所のアリエル・シェフタルさん率いる研究チームは、2003年から2012年にかけて自殺で死亡した子どもたち(5〜11歳)および青少年(12〜14歳)に関する全国的データを調査。

2つのグループを比較したところ、重要な類似点が見つかりました。

まず両方のグループとも、少女に比べて少年の数が著しく多かったのです。自殺で死亡した子どもの85%、青少年の70%が男子でした。

また両方のグループ共に、ほとんどが自宅での自殺(子どもの98%、青少年の88%)となり、時間帯は正午から真夜中にかけてでした(子どもの81%、青少年の77%)。

そして両グループとも、人間関係の問題が自殺につながっていました。自殺で死亡した子どもの60%、青少年の46%が、友達または家族との間に問題を抱えていたのです。

自殺をする子どもと青少年は精神疾患も関係アリ

シェフタルさんたちの研究では、ふたつの年齢グループにおいて相違点があることもわかりました。

全体的にみると、黒人の子どもよりも、白人の子どもの方が多く自殺で亡くなっていました。

しかし年齢のグループで見ると、黒人の子どもが自殺で亡くなる割合には、大きな違いがあったのです。自殺して亡くなった子どもの37%が黒人だったのに対し、青少年では12%でした。

別の研究では、白人の子どもの自殺率が下がっているのに対し、黒人の子どもの自殺率が上がっていることが判明しました。

この研究では、4年間の子どもの自殺率をふたつの年代において比較。ひとつは1993年からの4年間、もうひとつは2008年からの4年間です。

黒人の子どもに関しては、100万人当たりの自殺率が1.36から、2.54に増加。一方、白人の子どもの自殺率は、100万人当たり1.14から0.77に減少しました。

また自殺で死亡した子どもおよび青少年の約3分の1が、精神衛生上の問題を抱えていたことがわかりました。そしてふたつの年齢グループで、最も多く見られた疾患の種類について違いがあったのです。

自殺で死亡し、精神衛生上の問題を抱えていた子どもの間では、注意力欠如障害(ADD)が、鬱や気分変調のほぼ2倍見られました(注意力欠如障害(ADD)/注意欠陥多動性障害(ADHD)59%に対し、鬱は33%)。

一方、青少年では、鬱が注意欠陥多動性障害(ADHD)の2倍ほど多く見られました。(注意欠陥多動性障害(ADHD)29%に対し、鬱が66%)。

子どもの自殺を防ぐために親ができることはなにか

自殺について考える子どもの多くは、自傷行為や自殺まで至ることはなく、注意欠陥多動性障害(ADHD)や鬱病を患う子どもの大多数にも自殺傾向はありません。

しかしもし死にたいことを口にしたり、自傷行為をしたりする子どもがいれば、深刻に受け止め、的確な対処をすることが必要です。

また子どもが自殺について知るのは大体8〜9歳頃で、彼らが耳にしたり、読んだり、メディアで見た自殺に関する情報について、親子で話し合い理解を深めることが大事です。そうすることで、自殺は問題を解決する良い答えではないことを教えることができます。

子どもがあなたにとってどれほどかけがえのない存在なのか、そして問題が何であれ、いつでも味方になることも伝えましょう。

多くの大人にとって、自殺に関して質問するのは難しいものです。しかし質問を投げかけることは、子どもの命を救うことにつながるのです。

シェフタルさんの研究では、自殺で死亡した子どもおよび青少年のわずか3分の1だけが、自殺を考えていることを誰かに伝えていたことが判明しています。

自殺の専門家たちは、自殺願望や自殺行動について聞くことが予防の重要な一歩になると強調しています。

例えば、「眠ってそのまま目が覚めなければいいなんて考えたことはある?」「子どもはすごく悩んでいるときには自殺を考えてしまうときがあるのよ。あなたはそんな風に思ったことある?」といったように聞くことができます。

そしてもし子どもの答えがあなたを心配させるようなものだったり、何かおかしいと感じたりしたら、サポートを求めてください。慎重すぎるくらいでちょうど良いのです。状況の緊急度に応じて、相談窓口を利用する、小児科医に精神医療の専門家を紹介してもらうなどの判断をしましょう。

まとめ

今回はアメリカの研究結果を取り上げましたが、日本においても子どもの自殺は深刻な問題になっています。

親が子どもを苦しみから救ってあげたいと思うのは当然のこと。しかし子どもは、悩みがあっても、親に心配をかけまいと必死に隠そうとする場合もあります。そこで普段から子どもを注意深く見て、表情や性格、行動などの変化やサインを見逃さないようにしましょう。

また子どもが幸せに過ごせるように、親としてなにができるかを考えていきたいですね。

<参考記事>Psychology Today「Suicide in Children - What Every Parent Must Know」