節約意識が高いエリアは北海道 ネット?クーポン?家計簿?

写真拡大 (全4枚)

 台風被害が相次ぎ、野菜の価格が高騰、スーパーでは高いものだと倍の値段。いつも以上に“節約”が気になるところ。凸版印刷(東京)が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」を利用する全国の55,845人を対象に、節約に関する意識調査を実施したところ、“節約志向”がもっとも高かったのは北海道エリアだった。

 北海道エリアは食品や飲料、衣料、教育費など、総合的に「極力お金をかけたくない」という回答が最も多かった。逆に、そのような必要経費から「娯楽・レジャー費」、「教育費」まで幅広く「多少お金をかけてもいい」と思っていたのが、関東エリア。買い物の方法については、ネット普及率の高い地域性から、「インターネットの安売り店での購入」が多いのは関東、「クーポンの利用」率が高いのは中部エリア、「家計簿をつけ」て支出を管理する主婦が多いのは中国エリアなど、地域によって節約方法もさまざまだった。