大人のための人生入門  人格を作る源は…

写真拡大

https://youtu.be/OzkSs_ySArM

 年を重ねた人の言葉は、何気ない一言でもとても重い。特に、一つの分野を極めたプロは、まったく異なる仕事をしている人でも、どこかで自分のフィールドに重ね合わせてうなづくことができる普遍的な一言を発する。そんな語りが聴ける映画がある。『シーモアさんと、大人のための人生入門』。渋谷のアップリンクなどで公開されている。

 シーモアさんは89歳のピアノ教師。『いまを生きる』や『6才のボクが、大人になるまで』などで俳優としても人気のイーサン・ホーク監督が、行き詰まりを感じていたときに彼に出会ってたちまち魅了され、“撮ってしまった”ドキュメンタリーだ。

 ピアニストとしての苦労はもちろんだが、戦地での経験や教える側に立った時の心構えなど、一つ一つが心に響く。「人格を作る源は、その人が持つ才能の中にある。何の才能であろうとも」。ピアノの練習がうまくいけばすべては調和して感じられるし、うまくいかないと周囲とぶつかってばかり。そんな自身の経験から導き出した結論だ。日々、何かに向けて努力するすべての人が納得できる結論かもしれない。「不協和音もハーモニーも、解決(レゾリューション)もある。不協和音がなかったら、和解の意味を知ることもない」という言葉には、救いを感じる。

 秋の週末、観に行く作品に迷ったら、まずこれから。