ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち

写真拡大

ニューヨーク・タイムズ紙のヤング・アダルト小説のチャートに105週もの長きにわたってチャートインし、現在までに全米で300万部以上を売り上げている大ベストセラーを原作にした『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』の日本公開が2017年2月3日(金)に決定した。

今作の監督を務めるのは、ハリウッドで最もイマジネーション豊かなヒットメーカーと呼ばれるティム・バートン。別世界で展開される秘密のファンタジー・ワールドを舞台に、人と"ちょっと違う"ことはステキなことで、「どんなに奇妙でも、ありのままの自分でいること」を肯定し、勇気づけてくれるユニークで暖かな世界観に溢れた作品となっている。

変幻自在の演技を見せてきた女優エヴァ・グリーン(『ナイトメア 〜血塗られた秘密〜』)が、"奇妙なこどもたち"の保護者であるミス・ペレグリンを演じている。主人公ジェイクは、次世代の若き英国男子、エイサ・バターフィールド(『ヒューゴの不思議な発明』)。『マレフィセント』でマレフィセントの幼少期を演じ、"かわいすぎる"と話題を集めたエラ・パーネルが、美少女エマを演じ、若手キャストの活躍にも注目が集まる。そして本作の悪役を演じる名優サミュエル・L・ジャクソン(『ヘイトフル・エイト』)の強烈なビジュアルも話題だ。

公開日決定のニュースと共に届いた日本のファンへのメッセージ&予告編は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』は2017年2月3日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)