今年8月末の台風10号(ライオンロック)で甚大な被害が発生した北朝鮮北東部を、朴奉珠(パク・ポンジュ)総理が視察したと、朝鮮中央通信が18日報じた。視察の日時は不明。

朴総理は、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)、延社(ヨンサ)、茂山(ムサン)の被災地の復旧状況を視察した後、金策(キムチェク)製鉄所、清津(チョンジン)製鋼所などを視察。被災地に送る資材の増産、配送を促した。