「リトル・ミックス」で世界的に活躍するペリー・エドワーズ (c)Imagecollect.

写真拡大

女性グループ「リトル・ミックス」のペリー・エドワーズが、歌手のゼイン・マリクとの破局について語った。

ペリーは2013年8月に「ワン・ダイレクション」の元メンバーのゼインと婚約するが、昨年8月に破局。ペリーは現地時間20日に発売される「リトル・ミックス」の「Our World」という本にゼインとの破局について、「ひどかったわ。私の人生の最悪の時だったの。4年間の関係、2年間の婚約がシンプルなテキストメッセージで終わったのよ」と明かした。

そして、「リトル・ミックス」はイギリスのラジオ番組「Heart Radio」に出演し、ペリーはゼインから破局の連絡が来た時のことについて、「空港にいて、恐ろしい電話が来たの。誰かから」「空港でただ叫んでいたのを覚えているわ」とコメント。メンバーのジェイド・サールウォールは「空港のセキュリティーチェックに並んでいたの。私たちは『オーゴッド!』って感じだったわ」と話し、メンバーのジェシー・ネルソンは人から見えないようにペリーを隠したと明かした。さらにペリーは「私は取り憑かれた女みたいだったわね! ひどかったわ!」「ただ泣きじゃくって、泣きじゃくって、私は爆発しちゃうと思ったの」と説明している。

ペリーは破局報道後の公演でパフォーマンス中に涙でつまって歌えなくなり、メンバーたちがかけよって慰めていた。

現地時間16日に「リトル・ミックス」は元恋人を吹っ切った曲「Shout Out To My Ex」をリリース。この曲はゼインのことが歌われていると言われている。【馬場 かんな】