その夫婦は、子どもたちの未来を救うためにスタートアップを立ち上げた

写真拡大

教育は、テクノロジーの進化のペースについていない──。そう感じたロンドンのある夫婦は、教育スタートアップ「Technology Will Save Us」を立ち上げた。子どもたちが、成長するなかで楽しくテクノロジーを学べるようにすることが彼らのミッションである。

そのリストバンドは万歩計になる。しかし子どもたちの手に渡れば、同じデヴァイスはダンスゲーム、自転車ライト、あるいはアイアンマンスーツの光る胸バッジになる。それがTechnology Will Save Us(TWSU)が発表した新しいものづくりキット「Mover」の背景にあるアイデアである。

「その夫婦は、子どもたちの未来を救うためにスタートアップを立ち上げた」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロンドンのベスナル・グリーンを拠点とするこのスタートアップは、自分でつくれるシンセサイザーや太陽電池式植物湿度センサーなどの教育キットをデザインしている。「子どもたちがテクノロジーを、楽しく、かつ実践的な方法で理解する」ことを助けているのですと、共同創業者のベサニー・コビーは説明する。

コビーとパートナーのダニエル・ハーシュマン(2人とも36歳)は、1人目の子どもを授かったすぐあと、2012年にTWSUを立ち上げた。

「教育は、テクノロジーのペースについていくことができていません」とコビーは言う。2人はその熱意をキットという製品で発売する前に、地元のワークショップで基本的な電子工学やコーディングなどを子どもたちに教え始めた。この彼らの活動の起源が、のちにTWSUの核としても残ることになる、ワークショップでつくったキットは、「概念化から試作に至るまで」のデザイン段階で、広範囲にわたって使われたのだとコビーは言う(教訓1:「わたしたちが思うほど、人は読むのが好きじゃない」)。

Moverは、子どもたちが加速度計、磁力計、LEDが組み込まれたウェアラブルデヴァイスを、自分でつくれるようにするためのキットだ。そのほかにも、4歳以上を対象とした簡単な電子製品からArduino言語を使うDIY操作盤をつくるゲームキットなどを彼らは手がけている。TWSUはまた、マイクロコンピューター「BBC micro:bit」(日本語版記事)のデザインにも貢献している。

「わたしたちは学習経験をデザインしています」とハーシュマンは言う。「そうすることで、たまたま製品が生まれたというだけなのです」。そして、子どもたちが成長するなかでテクノロジーを学べるようにすることがTWSUの使命なのだとハーシュマンは続ける。「わたしたちは、ただのおもちゃブランドになりたいわけではないのです」

RELATED