マイケル・ウェザリー

写真拡大

この秋から始まった米CBSの新作ドラマ3本、『Bull(原題)』『MacGyver(原題)』『Kevin Can Wait(原題)』のフルシーズン製作が決まった。米TV Lineなどが報じている。

大人気の犯罪捜査ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ捜査官役でおなじみのマイケル・ウェザリーが主演する『Bull』は、人気トーク番組で司会を務める著名な心理学者フィル・マックグロウが、かつて裁判で陪審員の心理を分析する被告弁護団のコンサルタント"ドクター・ブル"として活躍していた時代を描く法廷ドラマ。

1980年代から1990年代にかけてリチャード・ディーン・アンダーソン主演で放送された『冒険野郎マクガイバー』のリメイクとなる『MacGyver』は、銃器を使わず、豊富な科学知識と天才的なひらめきを用いて、世界中の悪と対決する主人公マクガイバーを、オリジナル版よりも若い20代の青年に設定したアクションドラマ。プレミア放送後にキャストとスタッフの一部を変更して撮り直していたが、その判断が功を奏したようだ。

そして3本目の『Kevin Can Wait』は、ケヴィン・ジェームズ(『Hey!レイモンド』)主演のファミリーコメディ。定年退職した元警官が、妻や3人の子どもと過ごす時間を楽しみにしていたが、実際にそうなってみるとその大変さを思い知るというストーリーだ。

最初の3話の視聴者数が平均して1460万人をマークするなど、『NCIS:ニューオーリンズ』よりもいい成績を上げる『Bull』を筆頭に、残りの2本も高い数字を記録している。

3作品とも22話のフルシーズンで製作されることを受けて、CBSのグレン・ゲラー社長は、「この3本の創造性が受け入れられたことを喜んでいます。どの作品も瞬く間に好意的な影響を与えることに成功しました」と声明で述べた。

CBSの3作品のほかには、ABCの『Designated Survivor(原題)』と『Speechless(原題)』、NBCの『This Is Us(原題)』と『The Good Place(原題)』、FOXの『Lethal Weapon(原題)』がエピソードの追加製作がすでに決まっている。(海外ドラマNAVI)