アメリカ・アイビーリーグの名門、プリンストン大学の1893年当時の記念写真が出てきたそうです。

「雪合戦のあと」と題された学生たちの姿が、今の雪合戦とは何か違うと話題を呼んでいました。

写真をご覧ください。

 

Princeton University students after a snowball fight. 1893


うわ、ボッコボコ!

これが本当に雪合戦のあと?

まるで暴動にでも参加してきたかのように、顔が腫れ上がっています。どれだけ激しく雪の玉をの投げ合えば、こんなことになるのでしょうか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●いったい何が雪玉に入っているんだ。

↑自分もそう思った。きっと石やボトルを雪で包んだものじゃないかな。

↑当時は氷が飛んできても、避ける作戦すらなかったんだろう。

↑昔は石の投げ合いも普通だったと思うよ。自分は28歳だけど石の戦いをしていた。実際に誰かが当たってトラブルになったんだ。

●その当時は、雪玉が入った雪玉を投げていたのさ。

↑氷が入ってた雪玉だろう。

↑昔は雪玉のなかに釘、割れたガラス、石などを入れていた。それがコンクリートに変わっていった。

●小さめの雪玉を作り、しばらく握っていると表面が溶けて、もう一度凍って表面がカチカチに硬くなった雪玉ができる。するとぶつかったときの衝撃と痛みを最大化できる。

●それは1回生と2回生の闘いだった。
[画像を見る]

●彼らは勝者なのか敗者なのか?

●これが2016年なら、弁護士が彼らの後ろに立っていただろう。

●1893年がいかによかったかということを話しあう時間だ。

↑自分は間違った世紀に生まれたんだな。

●雪合戦だって……。

●石だな。石を雪玉に入れてるんだな。

↑氷玉合戦だろ。

●今日、昔は雪合戦で、お互いを殺そうとしていたことを知った。


石を入れていた説と、氷玉説に分れていましたが、いずれにせよ昔のやり方はワイルドですね。

現在なら訴訟問題に発展することでしょう。

【「1893年のアメリカの大学生の写真が出てきた…知ってる雪合戦と違う!」】を全て見る