【未来感ハンパねえ】転倒しない&ヘルメット必要なし!「BMWのコンセプトバイク」がかなり攻めてる件

写真拡大

自動車・バイクメーカー大手のBMWが、設立100周年を記念したコンセプトバイクを発表した。このコンセプトバイクは数十年先の未来をテーマとしているだけあって、かなり “攻めた” 内容となっているようだ。

転倒を防ぐシステムが搭載されており、ヘルメットが無くても安全なバイクとのことだが……。それでは、BMW渾身のコンセプトバイク「Motorrad Vision Next 100」の概要を動画と併せてみていこう。

・Motorrad Vision Next 100の特徴

ワイドな黒いフレームが印象的なMotorrad Vision Next 100の最大の特徴は、極めて安全である点だ。セルフバランシング機構がバイクのバランスを保つため、停車中でも地面に足をつける必要がないという。

その他、ゴーグルが障害をスキャンして事前にライダーへ警告を発する等、未来の安全技術が搭載されることが想定されており、結果的にはヘルメットを装着する必要もなくなるのだとか。

現段階ではあくまでもBMWの今後の方向性を表すコンセプトモデルということで、すぐにこれらの機能が実装されるかどうかは不明だが、もし実現できればきっとこの上なく安全なバイクとなるに違いない。

・未来的な内容のプロモーション動画

プロモーション動画も、まさにコンセプトモデルといった仕上がりとなっており、女性のライダーがヘルメットを着用せずに透明のゴーグルのみでMotorrad Vision Next 100を運転するシーンなど、未来的な内容が印象的だ。

なお、BMWはこのコンセプトバイク以外にゴーグルやスーツも発表しており、ゴーグルは目を保護する機能のほか、運転手に必要な情報を表示できて、スーツは身体を温めたり冷やしたりするのに加え、乗り手の筋肉をサポートするように作られているらしい。

・安全技術のさらなる進展を願いたい

バイクは小回りがきいて便利な反面、転倒などの事故が起きればたちまち大怪我へと繋がってしまうのはご存知の通りだ。今後、事故から身を守るためにも、このMotorrad Vision Next 100でみられるような安全技術の開発がますます進展していくことを願うばかりである。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る