他の女性に目を向けさせない!「妊娠中の浮気を防ぐ」方法3つ

写真拡大

「妻の妊娠中に、浮気なんてあり得ないでしょ!」と思う人が多いかもしれませんが、残念なことに男が浮気するタイミングは、妊娠中がナンバーワンだそうです。

つわりで苦しんだり、日に日に大きくなるお腹や体調の変化で大変な思いをしているのに、浮気されたらショックで立ち直れませんよね。

それどころか、不貞を働く男が、ちゃんとお腹の子の父親になれるのか、不安になりますよね。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や、海外情報サイト『the Asianparent』を参考に、“妊娠中に浮気をさせない3つの方法”をご紹介します。

 

■1:赤ちゃん以外の話題をもつ

女性は一旦妊娠すると、関心の全てが赤ちゃんに向いてしまいます。

もちろん旦那さんも赤ちゃんの誕生を心待ちにしているのは間違いないですが、妻の関心が赤ちゃんばかりに行ってしまうと面白くなく、つい自分のことをかまってくれる女性に目が向いてしまうようです。

そうならないためにも、2人の趣味の話をしたり彼の話に耳を傾けるなど、子ども以外の話題を2人でシェアするよう心がけましょう。

 

■2:スキンシップを欠かさない

妊娠するとホルモンバランスが変わったり、つわりやお腹が大きくなることで余裕がなくなり、今まで通りに旦那さんとスキンシップを取るのがつらくなることもあるでしょう。

でも、だからといって、なんでもかんでも拒否しないであげてください。スキンシップを断られ続けると、男性はショックを受けてほかの女性に走ってしまうかもしれません。

面倒かもしれませんが、丁寧に状況や気持ちを説明したほうが相手に寂しい思いをさせずに済みます。また、ただ手をつないだり、隣に座るだけでも心のつながりは保つことができますよ。

 

■3:2人で旅行へ行く

赤ちゃんが生まれると、しばらくは夫婦水入らずで旅行へ行くのは難しくなります。

妊娠は病気ではありません。自分の体調と相談して無理のない時期を選んで、ぜひ、旦那さんと2人っきりで旅行へ出かけましょう。

ママがリラックスして体調がいいと、当然お腹の赤ちゃんにもいい影響がありますし、日常から離れることで、旦那さんとも恋人同士の時のような甘い時間を過ごすことができるはず。

子どもが生まれてから、行っとけばよかった、と後悔してももう遅いですよ。

 

以上、 “妊娠中に浮気させない3つの方法”をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

妊娠中の浮気は、どんな理由であれ許せるものではありませんが、男性の気持ちを理解してあげさえすれば、お互いに嫌な思いをしなくて済みます。

ここは、女性のあなたが大人になって、男性の心をうまく操り、穏やかな気持ちで妊娠期間を過ごしましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 歯周病で早産リスクが7倍に!? 知っておきたい妊娠中の「歯にまつわる事」

※ 2位専業主婦!浮気経験男性105人に聞いた「浮気相手の職業」1位は

※ ズバリ「浮気して後悔してる?」浮気妻67%の答えが意外な結果に

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 【FPが解説】徹底比較!食洗機と手洗い、お得なのは…

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 旦那も思わず二度見!? 「魅惑のバストを目指す」サプリメントはこれ

 

【参考】

※ 5 Tips on how to keep the romance alive during pregnancy - the Asianparent

 

【画像】

※ bee / PIXTA(ピクスタ)