「生理前は勘弁してくれ〜」彼と約束したい“生理前にはしないでほしいこと”4つ(photo by Slava_Vladzimirska/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】女性にとって月に1回訪れる生理は「闘い」のようなもの。しかし、そんなときに限って彼とトラブルを起こしてしまうもの…。あらかじめ「生理前にはしないでほしいこと」を彼に伝えておくことでトラブルを回避しましょう。今回は生理前には彼にやってほしくないこと4つをご紹介します。

【他の記事を見る】生理中は避けた方がいい5つの事柄

♥途中で連絡が途絶える


そもそも男性はLINEやメールで頻繁にやりとりすることが苦手といわれていますね。

付き合う前は獲物を落とそうと必死になりますが、正式に獲物を落とせて、もうこれ以上心配する必要がないと分かれば、段々と連絡する頻度も下がっていくでしょう。

しかし、女性側からしてみれば生理前で不安になりやすい時期だからこそ、いろいろと悩みを聞いてほしいのに、肝心の彼は途中で連絡が途絶えることもしばしば…。

彼には生理前の時期をあらかじめ伝えておき、途中で連絡を切らないように念を押しておきましょう。

♥オールして朝帰り


彼女がいるにも関わらず、他の女性も一緒に朝までオール。いくら仕事関係とはいえ、さすがに我慢できないでしょう。

せめて生理前だけは避けてほしいですよね。

どうしても朝帰りになるときは、せめて一言、二言お断りがほしいもの。

あとから他の女性に彼がタグづけされた写真を見て、知らされることだけはきっと避けたいでしょう。

そもそも生理前後に関わらず、朝帰りするときはきちんと連絡してもらう習慣を作らないと、仮にそのまま結婚しても、あなただけが我慢しなければいけないことになってしまいそう…。

♥女友達と二人きりで会う


交友関係が広い彼と付き合っている場合、彼はあなたの許可なしに仲のいい女友達とデートを重ねていくでしょう。

いくらお互いに彼氏・彼女がいると聞いても、こちらとしては不安で仕方がありませんよね。

ただでさえ生理前はイライラが爆発しやすい時期。

女友達と会うことを許せたとしても生理前だけは避けてもらえるように優しくお願いをしましょう。

そして夜には会わずに昼間のうちに解散するなど、生理前で体調を崩している彼女を労わってくれたら完璧ですね。

♥一緒にイライラする


イライラは伝染することもあったりなかったり。

本来は彼女がイライラしていたはずなのに、彼がいつの間にか怒っている状態。

ただでさえお腹が痛かったり、貧血がしたり、下痢をしたりといろいろと忙しい時期に、一緒にイライラされると、さすがに彼とのお付き合いが面倒くさくなってくるでしょう。

生理前の時期を伝えるだけではなく、どんな症状がでてくるのか、どんな行動をとりやすいのかまで詳細を伝え、彼には的確に対応してもらえるようによく諭しておきます。

彼に要望を伝えるからには、あなたもできるだけイライラをみせないように、がんばってみることも大切です。

いかがでしたか?

生理の影響とはいえ、彼もいきなり怒られたら、さすがに戸惑うはず…。

彼もあなたも完璧な人間ではありません。

だからこそお互いを支え合いながら、毎月の生理前期間も乗り越えなくてはいけないのです。

彼には「本当にごめんね」と謝りながらも、生理前後はたとえ遠隔であってもサポートしてもらえるように、何回も重ねてお願いしておきましょう。(modelpress編集部)