15日、中国の慰安婦テーマのテレビドラマが出演者オーディションを開催する。

写真拡大

2016年10月15日、中国新聞社によると、慰安婦をテーマとしたテレビドラマが出演者オーディションを開催する。プロデューサーは歴史を忘れられてはならないと発言した。

【その他の写真】

15日、北京でドラマ「地獄の中の女」の出演者オーデイション発表会が開催された。同作は中国本土、香港、マカオ、台湾のテレビ局が合同で製作する全40話のテレビドラマ。旧日本軍の従軍慰安婦制度によって苦しめられた女性たちの姿を描くという。

主要人物13人を選ぶオーディションは第一段階のネット投票、第二段階のテスト撮影によって行われる。制作者はオーディションを通じて若い世代にも影響を与えたい、歴史は忘れられてはならないものだと意欲を語った。(翻訳・編集/増田聡太郎)