日米欧の先進国中心の国際体制への対抗軸として注目を集めてきたBRICSですが、今やBRICS中のGDP成長率はインドが一人勝ち状態となり、足並みも乱れ始めています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、BRICSの将来についてどのように見ているのでしょうか?

BRICSの危機

ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの頭文字を並べてBRICS。ひと昔前は、大さわぎされたBRICS。最近は、どうなっているのでしょうか? インドのゴアで、BRICS首脳会談が行われました。

BRICSとは?

まず基本をおさえておきましょう。ゴールドマン・サックスのエコノミスト、ジム・オニールさんは2001年、投資家むけレポート『Building Better Global Economic BRICs』を出しました。ここで使われたBRICsという用語、「これはいい!」ということで全世界にひろがります。はじめは、Sが小文字だった。というのは、当時南アフリカはカウントされていなかったからです。

「100年に1度の大不況」が一番ひどかった2009年の6月、BRICsは、ロシア・エカテリンブルグで、初の首脳会談を行いました。2011年4月、北京で行われた首脳会議から南アフリカが参加。以後、BRICsではなく、BRICSになります。2014年7月、BRICS銀行が設立されます。

BRICSは、全世界の人口の42.7%、面積の29.2%を占めている。GDPは、2003〜2012年、平均7%の成長を達成していた。数年前まで「イケイケ」だったBRICS。しかし、今ではさまざまな問題が表面化しているのです。

首脳会議で明らかになったBRICS内の対立

毎日新聞10月17日付を見てみましょう。

<BRICS>政治課題に踏み込めず 首脳会議、足並み乱れ

毎日新聞10月17日(月)7時45分配信

 

BRICS加盟国の「同床異夢」

 

中国、インド、ロシア、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議は16日、インド南部ゴアで2日間の日程を終え閉幕した。

 

世界的な課題については各国の立場の違いがにじみ、会議を総括する「ゴア宣言」は具体性を欠いた。

 

日米欧の先進国主導による国際体制への対抗軸として存在感を強めてきたBRICSだが「同床異夢」が目立ち、枠組み自体の「限界」を指摘する声も出ている。

「同床異夢」「枠組みの限界」だそうです。具体的に見てみましょう。

2009年以降8回目となる今回の首脳会議では、独自の信用格付け機関の創設を目指すことで合意。農業研究機関の設立でも一致した。

 

だが、国際的な政治課題について、宣言では一般的な表現が目立った。内戦下のシリアについては「あらゆる当事者の対話」を求めるにとどまった。空爆を続けるロシアに対し、距離を置きたい中印などの本音がにじむ。

(同上)

「シリア問題」でBRICSは、「ロシア支持」を打ち出せなかったと。

皆さんご存知のように、シリアでは、ロシア・イランがアサド現政権を支援している。欧米、サウジ、トルコなどが、反アサド派を支援している。アメリカには、アサド軍を直接空爆する「プランB」があるといわれ、ロシアは、シリアに地対空ミサイル「S300」を配備した。そして、「アメリカがアサド軍を空爆するなら、撃ち落とす!」と宣言しています。クリミア併合後もロシアに制裁せず、極めて穏健だった中国、インドも、「そこまでは付き合いきれない」ということなのでしょう。

南シナ海問題では、中国の権益主張を退ける今年7月の仲裁裁判所判決を受け、中国は当初、自国の主張を盛り込む狙いがあったとみられるが、インドと立場の違いがあり言及されなかった。

(同上)

中国は、南シナ海問題でBRICSの支持を取りつけたかった。しかし、インドが反対したので、「ゴア宣言」には入らなかった。モディ首相、ありがとうございます。

インドと中国の対立は、南シナ海だけではありません。

インドは、隣国パキスタンを拠点とするイスラム過激派の攻撃を念頭にテロ対策に重点を置いた。モディ首相は会議でパキスタンを批判したが、宣言では「あらゆるテロを非難する」と一般論に終始した。親パキスタンの中国の働きかけがあったためとみられる。

(同上)

皆さんご存知のように、インドとパキスタンは領土問題があって争っている。モディさんはパキスタンに拠点をおくテロリストを批判した。しかし、「ゴア宣言」には入らなかった。パキスタンは親中なので、中国が反対したと。

さらに、ロ印関係も、ぎくしゃくしているようです。

宣言があいまいになった最大の要因はインドと中露がぎくしゃくしていることだ。中印は国境問題を抱えている。ロシアは先月、パキスタンと軍事演習を初実施。15日の印露会談では協力強化で一致したものの、インドは警戒を緩めていない。

(同上)

ロシアが、インドに敵対するパキスタンと軍事演習をした。それで、ロ印関係が悪化していると。

ビジョンも異なる

ここまでは、「具体的な問題」に関する対立点でした。しかし、もっとも大切な「ビジョン」でも、相違が生じています。

BRICSの方向性を巡る各国の思惑の違いも露呈している。

 

ロシアのプーチン大統領は訪印前、「BRICSは多極的な世界の構築へ向けたカギとなる」と述べた。米国主導の国際体制を批判してきたプーチン氏がBRICSの意義を改めて強調した形だ。

 

これに対し、インドはBRICSを経済的利益をもたらす協力機構とすることに主眼を置く。安全保障では日米などと連携強化を進め、西側との対決姿勢を示すことには否定的だ。モディ首相は開幕前、「経済協力と人的交流の強化を重視している」と強調した。ブラジルのセーラ外相も6月、欧米との関係強化に転じる姿勢を示している。

(同上)

プーチン・ロシアは、BRICSを、「反米一極世界」「多極世界」をつくる「カギ」にしたい。ところがインドは、「BRICSは、ただの経済協力機構だ」という。なぜだかわかりますね。インド、最大の脅威は中国である。中国と対抗するためには、アメリカ、そして日本の協力が必要だからです。

そしてBRICSは、インドの一人勝ち

5カ国は元々経済が好調という一点で結びついたが、インドは高成長を維持するが中国は成長が鈍化。ロシア、ブラジルはマイナス成長で南アも低迷している。

(同上)

BRICSでは、インドが「一人勝ち状態」であると。参考までに2015年のGDP成長率を見ると、

ブラジル:マイナス3.85%ロシア:マイナス3.75%インド:7.34%中国:6.9%(しかし、信じている人はいない。高橋洋一先生はマイナス3%と断言)南アフリカ1.28%

これ、「クレムリン・メソッド」で予測したとおりです。日本は、アメリカとの同盟を堅持しながら、インドとの関係をますます強固にしていかなければならない。

アメリカとインド。この二国は、日本外交二本の柱。アメリカは、過去と現在の同盟。インドとは、未来を切り拓くための同盟関係を築いていなければならない。

インド防衛研究分析研究所のナチケート・カドキワラ氏は「米経済が低迷した08年ごろは「次はBRICSの時代」と言われたが、BRICSの役割には疑問が突きつけられている。各国の(思惑の)差異がBRICSの限界を示している」と論評。BRICSは岐路に立たされている。

(同上)

「BRICSは岐路に立たされている」そうです。

最後にまとめておきましょう。BRICS、さまざまな対立があり、大変なようです。

シリア問題、中印は、欧米との対立を強めるロシアを支持せず南シナ海問題、インドは、中国の立場を支持せずテロ問題、中ロは、反パキスタンのインドの立場を支持せずビジョン、インドは、ロシアの「BRICSは多極世界つくりのカギ」とする考えを支持せず

こう見ると、中ロは、BRICSを「反米の砦」にしたい。しかし、インドは、BRICSを、「経済協力(金儲け)のツール」として考えており、「反米組織にしたくない」というのが対立の根本にあるようです。

image by: Flickr

 

『ロシア政治経済ジャーナル』

著者/北野幸伯

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!