2016サンパウロ国際モーターショーで新型コンパクトSUV「WR-V」を世界初公開

写真拡大

 ホンダのブラジルにおける四輪車の生産販売子会社ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(本社:サンパウロ州スマレ市 社長:イサオ ミゾグチ)は、2016年サンパウロ国際モーターショー(プレスデー:11月8日〜9日、一般公開日:11月10日〜20日)で世界初公開する新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車のスケッチを公開した。

 南米のニーズに基づき、Honda R&D Brazilで開発された「WR-V」は、タフでありながら都会的なSUVデザインと、高いユーティリティーをコンパクトなボディーサイズで実現した。WR-Vは今後ブラジルをはじめ南米地域で販売される予定。

■ホンダ 公式サイト