“癒し系”路線バス、運行拡大  観光振興に期待/台湾・宜蘭

写真拡大

(宜蘭 18日 中央社)大手バス会社の国光客運は18日、蘇澳新駅と豆腐岬風景区などを結ぶ「緑28」バスで、台湾の人気絵本作家、ジミー(幾米)さんが描いたイラストがラッピングされた電気ノンステップバス3台の運行を開始した。同社では観光の促進やクリーンな公共交通機関の実現に期待を示している。

緑28バスは蘇澳港や豆腐岬、進安宮などを経由する循環バス。南方澳地区の交通利便性向上に寄与しており、平日は通勤客、休日には行楽客の需要に対応。運賃は大人20台湾元(約66円)、小人10元だが、20日までは無料で乗車できる。

車体には水遊びをモチーフにしたイラストが描かれ、山と海に恵まれた南方澳の魅力をアピール。宜蘭では先月にも車体にジミーさんの作品をラッピングしたバスが宜蘭市内で運行を開始している。

(沈如峰/編集:齊藤啓介)