伝説的少女コミックを実写映画化した『溺れるナイフ』(11月5日公開)の完成試写会が18日都内で行われ、主演の小松菜奈さん、菅田将暉さん、共演の重岡大毅さん、上白石萌音さん、志磨遼平さん、山戸結希監督が出席。菅田さんが同じ関西出身で、壇上で一人興奮する重岡さんに塩対応を見せる一幕がありました。


「関西の人も知らない僕の地元を知っていた!」などと初共演の菅田さんに対して前のめりで喜びを爆発させる重岡さんを横目に菅田さんは「どこだっけ?」とトボケながら「あのさ、関西人同士だからといって“ウワーッ!”って来ないでよ」とクールに塩対応。この温度差に重岡さんは「監督、俺泣きそうっす!むっちゃ距離を作られた〜」と山戸監督に助けを求めていました。


菅田さんは「ホンマによう喋る」と重岡さんのハイテンションぶりをボヤくも「まだこんな“ド関西人”が生きていたんだという感じ。撮影中は会って1分も経たないのに“おばちゃんか!”とツッコんだ思い出がある。現場では“太陽”と呼ばれていました」とそのムードメーカーぶりを紹介。

重岡さんも「寡黙な人だと思って緊張していたけれど、撮影現場に差し入れを持って来てくれたりした。要するにまとめると“いい奴”ということです」と菅田さんのツンデレな人柄を褒め称えていました。


同作は、東京から遠く離れた退屈な田舎町に越してきた人気モデル・望月夏芽(小松さん)が、自由奔放な長谷川航一朗(菅田さん)と出会い、刺激的で危険な恋に落ちていく様を描く。原作は「恋文日和」「ピース オブ ケイク」「ダンス・ダンス・ダンスール」で知られる漫画家ジョージ朝倉による同名コミック。


現在23歳の菅田さんですが、劇中では金髪姿で航一朗の中学生時代にも挑戦。


役作りのために食事制限を敢行していたそうで、共演者から「中学生になるために痩せなきゃと言って、食事を抜いていたりしたので皆で心配した」などと言われるも、当の菅田さんは「当時栄養が足りてないので記憶がない」と苦労を明かすことなく、逆に笑い飛ばし、男気を発揮していました。

【関連記事】

※ 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」第2話の見どころは?

※ 大人の色気全開の斎藤工、モデル時代は「過去の話」

※ 北川景子、テラコッタカラーの大人めワンピースで登場!濃厚な私生活について語る

※ 小栗旬&妻夫木聡、過酷な撮影現場を振り返る

※ ディーン・フジオカ、観月ありさとの交流を明かす