レクサスUXコンセプト新車情報・購入ガイド
トヨタC-HRのレクサスバージョン!? 日本マーケットにピッタリなコンパクトSUV登場! パリショー出展車
【ニュース・トピックス:レクサス】

写真拡大

まるでFRクーペのようなルーフラインをもつレクサスUXコンセプト

 レクサス は、2016年パリモーターショー で、コンパクト SUV のコンセプトモデルである新型「レクサスUXコンセプト 」を世界初公開した。

 この新型レクサスUXコンセプトは、クーペとSUVのクロスオーバー車といえるデザインをもつ。フロントフェイスは、レクサスのアイデンティティといえるスピンドルグリルを大胆に配置。ボトムをワイドにすることで、SUVらしい力強さと安定感を表現。さらに、このスピンドルグリルの造形が美しい。シャープさではなく滑らかさをもち、微妙な陰影を醸し出しアートのような美しさをアピールする。同じSUVであるNXやRXのシャキーンとしたスピンドルグリルとは異なるテイストだ。このあたりは、コンセプトカーだからというデザインなのかもしれないが、このまま市販車に使ってほしいところだ。

 そして、サイドビューもかなりアグレッシブなデザインとなった。レクサスUXコンセプトは、コンパクトSUVということもあり、恐らくFFベース。しかし、サイドビューはロングノーズ&ショートデッキ。まるで、FRのスポーツカーのようなシルエットとなっている。まるで2ドアのように見えるドア部分のデザインも含め、かなりスタイリッシュに見せるための工夫がされている。左側のドアは、なんと観音開きタイプだ。ホイールは、コンパクトSUVながら21インチを履き力強さをアピール。タイヤサイズは255/50R21だ。このホイールのデザインも秀逸。スポーク部分を極太にしたメッシュホイールデザインで、光沢のあるスポーク部分とブラックアウトされたリムとのハイコントラスでより、極太スポーク部分のデザインを主張している。

 レクサスUXコンセプトのインテリアは、シャープなイメージのフロントとソフトなリヤのデザインにより、前後席それぞれが異なるテイストとなっている。前席はブラックで引き締まったスポーティなムード。リヤはホワイトで、広がり感がある明るい空間となった。

 また、特徴的なのはフロントピラー。アルミ部材に、フィン形状のポリカーボネイト材が接合されたシースルー構造になっている。運転席から見える景色に境界を感じさせない、解放感あふれる視界になっている。

トヨタC-HRのレクサスバージョンがUXコンセプト?

 レクサスUXコンセプトのボディサイズは、全長4,400×全幅1,900×全高1,520mm。全長はCセグメントのコンパクトなサイズだが、全幅はコンセプトカーということもありかなりワイド。全高もSUVとしては、かなり低く、ワイド&ローなスタイリングだ。注目なのは、ホイールベースの2,640mmという数字。この2,640个箸いΕ曠ぁ璽襯戞璽垢蓮2016年12月に発売が予定されているハイブリッド のSUV、トヨタC-HR と同じだ。

 今のところ、レクサスUXはコンセプトモデルだが、ベースがC-HRということなら、市販車の登場もそう遅くはないはず。そうなると、搭載されるパワーユニットは、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボということも予想できる。とくに、国内のレクサスは、今やNXRX といったSUVが人気。より日本の道路環境にあったとモデルということになると、この新型レクサスUXコンセプトということになるだろう。日本マーケット投入が期待されるモデルだ。

この記事をCORISMで読む→