皆川明の新作テキスタイルが上陸 テーマは「自然と暮らしの共存」

写真拡大

 デンマークのテキスタイルブランド「クヴァドラ(Kvadrat)」が、「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」のデザイナー皆川明とコラボレーションしたコレクション「Akira Minagawa for Kvadrat」の新作テキスタイルとインスタレーション「FOREST COMES HOME.」を南青山のショールームで展示する。期間は10月26日から11月7日まで。 皆川明の新作テキスタイルが上陸の画像を拡大

 新作コレクションとインスタレーションは2016年4月にミラノサローネで発表し、「自然と暮らしの共存」をテーマにした4種のテキスタイルを展開。ウール製の「Forest Nap」はパターンのないプレーンな織地で、18色の幅広いカラーバリエーションをそろえる。「Forest Nap」を下地に使用した刺繍入りの「Stick Tree」は、楕円形を組み合わせた木の形が特徴。「ミナ ペルホネン」のコレクションのプリントとして作ったパターンを太い刺繍のラインで再生したもので、11色をラインナップする。そのほか、ドットで構成し幾何学的な形を組み合わせた平織のインテリアテキスタイル「Crystal Field」や、花のパターンを繰り返して織られたカーテン「Frost Garden」が展示される。■Akira Minagawa for Kvadrat in Tokyo期間:2016年10月26日(水)〜11月7日(月)時間:9:00〜18:00 ※年中無休会場:Kvadratショールーム住所:東京都港区南青山3-4-6 AOYAMA346 #103