デザインを楽しみながら学ぶ企画展が池袋パルコで開催 テーマは「保存」

写真拡大

 デザインを身近に楽しみながら学ぶことができる体験型の企画展「PARCO DESIGN MUSEUM 保存展」(以下、保存展)が、池袋パルコ本館7階パルコミュージアムで開催される。会場構成はサポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE)の吉田愛が手がける。会期は10月21日から10月30日まで。 池袋パルコで「保存」がテーマの展覧会開催の画像を拡大

 「保存展」は、インテリアとデザインを軸に活動するコンサルティングチーム「アッシュ・ペー・フランス 場と間(H.P.FRANCE BATOMA)」がプロデュース。「食」「デザイン」「アート」を切り口に多種多様な「保存」のあり方にフォーカスを当て、冨田伊織による「透明標本」や、家電蒐集家の松崎順一ら4名のコレクターが偏愛したアイテムの展示するほか、人類の発展に不可欠な食品の様々な保存のあり方を紹介する。会期中は、展示物に触れられるワークショップや日本発酵文化協会の横山貴子代表理事によるセミナーなど参加型のイベントも開催される。■PARCO DESIGN MUSEUM「保存展」会期:2016年10月21日(金)〜10月30日(日)*会期中無休営業時間:10:00〜21:00*最終日は18:00閉場会場:パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7階)入場料:無料公式サイト