写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セキュアソフトは10月18日、PC上にインターネットブラウジング専用環境を生成し、仮想的なブラウザの閲覧環境を実現するソフトウェア「SecureSoft mamoret」を発表した。12月19日より販売を開始する。提供価格(税別)は、1ユーザーあたり年額9000円。

SecureSoft mamoretは、PC上でランサムウェアなどのマルウェアの脅威を封じ込める「SecureSoft i-コンテナ」の基礎技術をそのままに、Internet Explorerを安全に使う事に特化したソリューション。PC上にインターネットブラウジング専用環境を生成し、一般業務を行うローカル環境と完全に分離することでランサムウェアなどのマルウェアの感染を防ぐ。

Sandbox技術により、マルウェアをmamoret内に封じ込め、安全なインターネットアクセスを実現。Webメールの添付ファイルは、mamoret内で実行するため、仮に添付ファイルがウィルス感染していてもローカル環境への感染がないという。また、mamoret内に入り込んだウィルスは終了時の初期化機能により、常にクリーンな環境を保つ。

対応OSはWindows 10/8.1/7、対応ブラウザーはInternet Explorer 11/10/9/8。同社では、大・中小企業やVDI導入検討中の顧客を中心に3年間で5億円の販売を目指すとしている。

(山本明日美)