【言霊相性占い】名前の1文字目が「e」の女性×「o」の男性は理想のカップルに!

写真拡大

――日本では古来より、言葉に精霊が宿っていると考えられてきました。とくに、名前は人生や性格形成に大きな影響を与え、名前の1文字目は強い霊力があると言われています。名前の1文字目の母音で、恋愛相性を診断。気になる彼との恋の行方を探ってみましょう。

【言霊相性占い】バックナンバーはこちら>>>

<第4回 「え-e」の母音ではじまる名前>

 今回は、「え-e」の母音ではじまる女性の名前と、それぞれの母音をもつ男性との相性を診断します。※ えりか→「え」の母音「e」となります。

★「え-e」の母音ではじまる名前の恋愛傾向……誇り高く、愛に生きる女性
 母音「e」ではじまる名前の人は、いわゆる高嶺の花タイプ。冷静で、自分の意思をはっきり持ち、プライドも高いでしょう。美意識も高いので、目に見えない部分のオシャレも欠かしません。しかし、恋人ができれば一途に相手を思い続ける、愛に生きる女性でもあるのです。

■「e」の女性×「a」の男性……愛情をうまく伝えられない
 情熱的で、頼りがいのある「a」の男性。好きになったら夢中で攻めていくタイプなので、「e」の女性も好意を抱くでしょう。しかし、性質がまったく異なるため、お互い「なんか、しっくりこない……」と感じるようになります。「a」の男性がときどき感情的になるのは、愛がうまく伝わらないため。そんな彼を冷めた目で見てしまう「e」の女性。ケンカ別れしやすいので、上手に話し合いを。

■「e」の女性×「i」の男性……モテすぎる彼に翻弄されそう
 独自の世界観を持っている「e」の女性と、ロマンティストで感受性豊かな「i」の男性。共通の趣味や話題があれば、あっという間に親しくなれるでしょう。ただし、「i」の男性は、どの女性に対してもやさしく接します。女友達からも相談されやすく、嫉妬深い「e」の女性は落ち着きません。恋愛感情はないと「i」の男性が否定しても、不信感を抱きがち。翻弄される恋となりそう。

■「e」の女性×「u」の男性……結婚すれば安泰
 好き嫌いがはっきりしている「e」の女性。「u」の男性の包容力や、思慮深い面に触れて、心が穏やかになるでしょう。結婚に向いている相性なので、年齢を重ねてからの出会いに縁があります。「e」の女性は強気に見えて、繊細で女らしく、自信がない面があります。「u」の男性は、そんな「e」の女性を理解し、支えてくれます。そして、「一生、守っていく!」と誓うでしょう。

■「e」の女性×「e」の男性……信頼できるよき理解者
 お互い感性が似ているため、最初から違和感なく、楽しい時間を過ごせるでしょう。しかし、プライドの高い2人なので、どちらからアプローチするかで意地の張り合いをしてしまいがち。同僚や趣味友など、恋を意識しない関係なら次第に距離を近づけていけるはず。相性はいいので、素直な気持ちで接することが一番。よき理解者として、絆を深めていけるでしょう。

■「e」の女性×「o」の男性……深い愛情で結ばれる理想のカップル
 「o」の男性は誠実で、礼儀正しいタイプ。「e」の女性の警戒心の強さも、理解してくれるでしょう。「e」の女性も、焦らずにじっくり恋愛を深めていく「o」の男性に、次第に心を開いていきます。一度仲よくなれば、深い愛情で結ばれる2人。お互いに相手を大切に思い、やさしさや気配りも忘れない理想のカップルとなっていくでしょう。

 母音「e」で始まる名前の女性は、かなりモテるはずです。しかし本人は、「そんなにモテない……」と感じているかもしれません。男性が声をかけにくい雰囲気があるので、笑顔を忘れずに。自分から気軽に声をかけてみれば、モテを実感できるでしょう。
(金森藍加)