胃がん「ダヴィンチ手術」の第一人者・宇山一朗氏

写真拡大

 患者にとって執刀医とは命を預ける存在である。できるなら“神の手”を持つ「名医」に任せたいが、残念ながらそうした医師はとにかく数が少ない。そもそもなぜ手術の上手い医師と下手な医師の差が生まれるのか。

「手術の上手さは最初の5年で決まってしまう」と指摘するのは、胃がん「ダヴィンチ手術」の第一人者、藤田保健衛生大学病院総合消化器外科学教授の宇山一朗氏だ。

 ダヴィンチ手術とは、最新鋭の手術支援ロボットを使い、内視鏡の視野を10倍以上に拡大し、3D立体映像を見ながら遠隔操作で行なう手術のこと。これにより腹腔鏡の使用が困難だった前立腺がんの手術が容易になり、開腹手術に比べて患者の体への負担も大幅に軽減できるようになった。

「私の手の動きを再現してくれる関節機能があり、手元が震えても補正してくれるので、機械の先端はブレません。人間の手でやるよりも精密な手術が可能です。でも、ダヴィンチには利点もあるが欠点もある。その特徴を十分に理解して使いこなすことが必要です」(宇山氏)

 ある程度経験を積んだ外科医が、ダヴィンチ手術の勉強のために宇山氏の元を訪れることが多いが、

「最初に染みついた癖はなかなか取れません。初期教育の大切さを痛感します。極論すれば、スキルがつくかどうかは、外科医になった最初の5年で決まってしまう。もちろん一例一例を大事にし、次のケースに生かしていく努力を続けていけばかなりの領域に到達できると思いますが……」

 と宇山氏。自身も新人時代は名医に鍛えられたという。岐阜大学医学部を卒業後、慶應大学の外科学教室で1年間学んだ後、関連の民間病院で手術の勉強に励んだ。

「2つの病院に行きましたが、それぞれの恩師が非常に厳しい先生で、手術では名医といえる方たちでした。最初の病院では『カルテに書く手術記録は簡単でいい。それとは別に自分用のノートをつくり、一例一例こと細かに記録しておけ』といわれました。ハサミの向きがどうだったとか、どういうことを注意されたとか。1年間でルーズリーフ数冊分になった」(宇山氏)

 当時、外科医の世界は“体育会系”。手術中に「外科医なんか辞めてしまえ!」と怒鳴られたり、手術器具で叩かれたり、頭突きされたりもした。しかし、記録を続けたノートのおかげで、道具の使い方の基本が身についたと宇山氏は話す。

 では、「名医とそうでない医師」の違いは何なのか。

「どれだけ真剣に手術しているか、それだけです。患者さんのためには、経験のない手術に挑まなければならないこともある。その時に頼りになるのは自分が得た知識と正しい道具の使い方だけ。

 道具さえ正しく使えれば、時間はかかってもきちんと手術ができる。そこに場数を踏むことで経験値が加わり、スピードがどんどん速くなるというだけのことなんです。やったことがないとか、教わったことがないという理由でしり込みする医師に、進歩はありません」(宇山氏)

 知識と技術をもとに、初めての手術にも果敢に挑む。その積み重ねこそが、名医への道なのだ。そのために大事なのは「ヒューマニティ」だと宇山氏は話す。

「人間性とは、優しいとかいうことではなく、目の前の難しい患者さんをどう治すかに真剣に取り組んでいるかどうか。誰がやっても治るような手術に名医は必要ありません」

※週刊ポスト2016年10月28日号