厳格な訓練も必要か

写真拡大

 個性を伸ばそうという風潮が強くなった現代にあって、なぜか、昔ながらの軍隊式訓練を社員教育に取り入れる企業が増えている。古くて泥臭いスパルタ教育に目新しさを感じるのはなぜか。そのメソッドに迫る。

 * * *
 富士山の玄関口である静岡県富士宮市。大自然の山中に絶叫がこだまする。

「有難うございました!」「入ります!」「どうぞ!」

 ここは、社員教育研究所が運営する管理者養成学校。まもなく900回を迎える「地獄の訓練」と呼ばれる、12泊13日の「管理者養成基礎コース」の舞台である。1979年に千葉県で開校以来、卒業者はのべ24万人。「汗と涙と一生懸命」を標語に、徹底したスパルタ教育で、依頼してきた企業の社員を管理者に育てる。同校の元橋康雄校長が言う。

「最近の若手・中堅社員は野心がなく、責任を避け、嫌われたくないと部下を叱れず、スマホばかりいじってコミュニケーション能力がない。そんな人間を劇的に変えるには、地獄の訓練が最適です。『あそこにだけは行きたくない』『じきに消える』と陰口ばかりの“日本一嫌われている学校”ですが(苦笑)、厳しさを嫌がる世の中だからこそ、本校の存在価値があるのです」

 同校の教育方針はどういったものなのか。元橋校長が続ける。

「社員を短期間で戦力にするため、軍隊の新兵訓練を参考にしました。日教組が『子供の創造性を妨げる』と号令を禁止したので今の小中学校は起立・礼をしませんが、本校では講師の号令に全参加者が従います」

 一見、時代錯誤な教育方針だが、ニーズは高まる一方だ。参加企業は一部上場から中小まで幅広く、社員が主任に昇進すると必ず参加させる大手企業もある。

 毎回の参加者は30代の課長クラスが中心だ。スマホを預け外部との連絡を断たれた環境で、1班約14名が大部屋で朝5時半起床、夜10時半消灯の共同生活を送る。「礼儀」「行動力」など14の課題を与えられた参加者はディスカッションや暗唱訓練で技術とノウハウを習得。名物の「駅頭歌唱訓練」では、富士宮駅前に一人で立ち、道行く人に構わずオリジナル曲を絶唱。「折れない心」と「やればできる自信」を養う。

「まず叩き込むのは、人間力の基本である礼儀礼節であり、大声で挨拶を反復練習します。大きな声が出るようになれば、自分の行動に自信が持てる。表現力を伸ばすスピーチや素読の訓練も行います」(元橋校長)

 旧来の軍隊式訓練と異なるのは、指導者と生徒の間に一方的な命令・服従の関係がないこと。これにより、自主性と判断力、周囲との協調性が養われるという。

 訓練のハイライトである「40km夜間行進」では、各班が手書きの地図を頼りに富士宮の山中を行軍する。

「午後3時に出発して3か所のチェックポイントを回り、戻ってくるのは深夜0時ごろ。リーダー、参謀、斥候など役割分担して、ヘトヘトになって“生還”すると参加者の顔つきがガラリと変わります。『自分だけ合格すればいい』との考えが改まり、周囲に助けられ、かつ自ら助言することの大切さが身につく。部下の育成を大切な任務とする、管理者として成長します」(元橋校長)

 時代が変わり、スパルタ教育が疎まれる世になっても、厳格な訓練は形を変えつつますます必要とされているのだ。

※SAPIO2016年11月号