中国安徽省合肥市に街の1シーンを撮り続ける33歳のカメラマンがいる。彼の名は劉涛。世界の写真界が注目する人物だが、大それた肩書はない。彼は水道局の検針員として日々、街中を歩き回っている。

写真拡大

中国安徽省合肥市で水道局の検針員として働く劉涛(リウ・タオ)。33歳の彼は、米誌「タイム」に取り上げられるほどのカメラマンでもある。

【その他の写真】

劉がカメラを向ける対象は日常生活の中にある。検針の仕事で街を歩き回りながら独特な視点で被写体を捉える彼だが、これまで撮影技術を学んだことは1日もない。彼の作品は一見、平凡だ。しかし、ある一点にドキリとさせられる。それは偶然が作り出したユーモア、奇抜な構図。彼はプロのカメラマンと勝負したいという願望は抱いていない。「平凡な日常生活に現れる一瞬を捉えたい」―これが彼のスタンスだ。(編集/野谷)

●劉涛(リウ・タオ)
中国安徽省出身の33歳。水道局の検針員として働きながら、街で見つけた「偶然」にカメラを向ける毎日を過ごす。その作品は米誌「タイム」が取り上げるほど。日本人カメラマンの森山大道氏を尊敬している。