レース終盤のラスト5周目まで、まさかここツインリンクもてぎでチャンピオンが決まるとは誰も予想をしていなかった。2016年MotoGP年間総合優勝を達成したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)自身も、「最後の5〜6周目になるまでは、『次のオーストラリアで7位か8位に入ればチャンピオンを獲得できるな』と考えながら走っていた」と、正直な感想を述べた。

 状況が一変したのは、全24周のレースの20周目にホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)がV字コーナーで転倒したときだ。だが、さらにその13周前、7周目にバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)がヘアピンで転倒したときからすでに、この劇的な展開は大きく動き始めていた。

 10月16日の第15戦・日本GP決勝レースを前に、チャンピオン争いで首位に立つマルケスとランキング2番手につけるロッシのポイント差は52点。そして、ロッシとロレンソの差は14点。シーズン4戦を残して、マルケスのタイトル獲得はほぼ確実な状況だったが、日本GPで王座を確定させるためには、マルケスはレース終了後にロッシとロレンソに対して、それぞれ合計76ポイント差を開いている必要があった。これはあくまで計算上の想定だが、たとえば残りの4戦全部でロッシが優勝し、マルケスがそのうち3戦を転倒ノーポイントで終われば、ロッシが逆転チャンピオンを獲得することもあり得るのだ。

 もちろん、実際上の可能性として考えれば、マルケスが3戦で転倒することはまずあり得ない。だが、それと同様なくらい、第15戦終了時に76ポイント差が開くことは非現実的な想定にも思えた。というのも、この76点差をつけるためには、日本GPでマルケスとロッシの間に24点の差が発生しなければならないからだ。これは、マルケスが優勝して、ロッシが15位かそれ以下で終わる、ということを意味する。

 しかも、ランキング3番手につけるロレンソとのポイント差でも同様に76ポイントを開いておくためには、マルケスが優勝し、ロッシとロレンソがともに転倒するような事態にでもならないかぎり、およそあり得ない。マルケスも、チャンピオン獲得のプレッシャーや緊張感を感じずに、日曜の朝を迎えたという。

「朝はいつもどおりに起床して、いつもと同じ時間にトイレに行った。緊張しているときはトイレに行く回数も増えるけど、いつもとまったく同じだった」と、笑いながら振り返った。

 レース序盤にマルケスはロッシ、ロレンソと激しいバトルを繰り広げて4周目にトップに立つと、ふたりとの距離を少しずつ開き始めた。ロッシの転倒をサインボードで知ったときは、「よし、優勝を狙おう」と考え、さらに終盤にロレンソの転倒を知った際には、「その周回では何度もシフトミスをして、どこのサーキットにいるのかもわからなくなった」という。

 2013年、2014年に続き、これで3回目のMotoGPクラス総合優勝。2013年の最高峰デビューイヤーに史上最少年齢記録を更新してチャンピオンを獲得し、2014年の日本GPで2連覇を達成した際には、ウィニングラップで「赤備えの侍」に扮したパフォーマンスを実施した。ところが今回は、そのようなチャンピオン決定パフォーマンスをあらかじめレース前に準備していなかったようで、その事実からもここツインリンクもてぎでのタイトル獲得は、マルケスにとって想定外だったことがうかがえる。

 とはいえ、ホンダやチーム等は入念な準備を進めており、ウィニングラップには金色のチャンピオン記念ヘルメットと、「Give me five」と記された記念Tシャツで周回した。「Give me five」はハイタッチを交わす際の合い言葉のようなもので、2010年に125cc、2012年にMoto2でも総合優勝を達成して、今回で通算5回目のチャンピオン獲得となったこととの語呂合わせになっている。

「去年はチャンピオンを獲り逃して、安定感が大事だということを学んだ。今年ももちろんレースでリスクを取ったけれども、何戦かでは辛抱強く走って4位や5位で完走をした。それが(チャンピオン獲得の)キーになったと思う」

 そう話すとおり、今シーズンここまでのレースを振り返れば、全戦でポイントを獲得している選手は唯一、マルケスのみ。しかも、15戦中11戦の表彰台獲得という高いアベレージなのだから、チャンピオン獲得は当然の帰結といえるだろう。

 状況次第では抑えて走ることを心がけたというマルケスは、最大の使命を果たし終えた今、はたして残りの3戦でその自制を解き放って、本来の「全速全開100パーセント」の走りを見せるのかどうか。それが、今週末のオーストラリアGP以降、さらに激しくなるロレンソとロッシのランキング2位争いにも大きな影響を及ぼすかもしれない。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira