新幹線に乗る前に、自分にもお土産を【甲斐みのり「おやつの時間」】

写真拡大 (全2枚)

新幹線で旅や出張に向かうことの多い私。あまりに早朝の出発でもなければ、少し早めに家を出て、東京駅や品川駅のお土産物売り場をぶらぶらするのが楽しみのひとつ。慣れない土地での仕事前は、心身ともに強ばるもの。余裕を持って目的地に到着したり、名産品や甘いものを眺めるだけで、張り詰めた気持ちが緩み、普段の調子が戻ります。
それから、この駅のあの場所のあんな店に、どんなものが並んでいるか。なんとなくでも把握できていると、急いでいる時にだって便利。私は東京駅と品川駅に、お弁当はあそこでこれを、お土産ならばここやそこであれをと、定番の存在に何度も助けられてきました。
あらかじめ駅での行動がイメージできるので、5分や10分の短い時間の中で、ささっと買い物を済ませることができます。それというのも、余裕のある日のお土産物屋巡りのおかげ。定期的に新しいお菓子や名物・流行を知ることができて、贈り物選びの勉強にもなるのです。
東京駅でビスケットを2箱買い
ターミナル駅で選ぶのは、ほぼお弁当やお土産ですが、時に自分用のおやつにも手がのびます。最近、東京駅構内の「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」で求めた「MY BISCUITS」もそう。訪ねる先へのお土産と、自分の分と、2箱買い。

イラストレーター・前田ひさえさん画の箱の中身は、ピンクにイエロー、白や茶と、色とりどりのビスケットとショートブレッドの詰め合わせ。帰宅してからゆっくりと、お茶を入れて味わうのだとイメージすることが、その後の仕事の活力にもなりました。
そうして無事に家に帰り着いたところで、ほっとひと息、おやつの時間。小麦とバターのふっくらとした香りに、疲れがひゅーっと吹き飛びます。後日、お土産として差し出した相手からも、「特別なおやつの時間を過ごしました」と、嬉しい便りが届きました。
[Fairycake Fair]
「おやつの時間」連載記事一覧>>

甲斐さんのおやつアーカイブをInstagramでチェック!
@mylohas_official フォローしてくださいね。