ソーシャルメディアの女王キム・カーダシアン (c)Imagecollect.

写真拡大

リアリティースターのキム・カーダシアンが強盗被害にあった事件で、現地時間17日にアシスタントが状況を説明した。

キムは現地時間3日にフランスのパリの滞在先の部屋で警察官の格好をした男たちに銃を突きつけられて、指輪やジュエリーボックスなど総額1000万ユーロ(約11億4000万円)を盗まれた。キムにケガはないが、犯人に命は助けてほしいと頼んだと伝えられている。キムはその後ソーシャルメディアを更新していなくて、沈黙したままだ。

そして、事件から3週間が経ち、キムのアシスタントのステファニー・シェパードがキムのウェブサイトに「みんな、2週間アプリをアップデートしてないことに気づいていると思うわ。Keeks(キム)はかなり休養が必要なの」と手書きの文章を投稿し、キムの友人や家族らに連絡を取って特別なコンテンツを用意するとコメントしている。

キムの精神的なダメージはかなり大きいようで、回復にはまだまだ時間がかかりそうだ。【馬場 かんな】