中央気象局提供

写真拡大

(台北 18日 中央社)非常に強い台風22号は18日午前8時現在、フィリピン東の海上を時速26キロで西北西から西に向かって進んでいる。中央気象局では、20〜21日に台湾に最接近するとし、19日午前中にも台湾南方の海上で台風の接近に警戒を呼びかける警報を発令する見込み。

中心気圧は925ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は51メートル。瞬間最大風速は63メートル。フィリピン・ルソン島北部に上陸した後、21日から22日にかけて南シナ海から中国大陸・広東省に再上陸するとみられる。

台湾本島は暴風域、強風域に入らないと予想されるが、気象情報会社ウェザーリスクの彭啓明総経理(社長)は、東部を中心に激しい雨に警戒が必要だとしている。また、中央気象局では、勢力がさらに強まる恐れがあり、台風の進路によっては澎湖や金門に、陸上での警戒を呼びかける警報を発令する可能性があるとしている。

(汪淑芬、余暁涵/編集:齊藤啓介)