冷た〜いビールにぴったり♪おつまみレシピ20選

写真拡大

1日の終わりに、自宅で飲む冷たいビールは格別の美味しさ!そんな時、一緒に美味しいおつまみがあれば言うことなしですよね。毎日の晩酌だからこそ、おつまみもレパートリー豊に揃えておきたいもの!そんな主婦の皆さんを助ける簡単おつまみレシピを集めてみましたよ♪



元の記事を見る

ビールと一緒にがっつり食べたい!ボリューム満点おつまみレシピ

■ やっぱり外せない!鶏肉の手羽元で唐揚げ

【材料】
・鶏肉の手羽元:すきなだけ
・にんにく:お好み
・生姜:お好み
・しょうゆ:お好み
・小麦粉・片栗粉:適量
・ケチャップ:お好みで使用

ビールのお供と言えば、唐揚げは外せません!リーズナブルな手羽元を使えば節約しながら食べ応えのあるおつまみに♪にんにくと生姜の香りが食欲をそそりますよ。

■ 隠し味でジューシーに!チキンカツレツ

【材料】
・鶏のむね肉:2枚
・塩コショウ:少々
・マヨネーズ:適量
・オリーブオイル(揚げ焼き用):適量
・特製パン粉
・乾燥パン粉:大さじ5.6杯
・にんにくのみじん切り(なるべく細かく):1カケ分
・粉チーズ:大さじ2杯
・パセリのみじん切り(生か乾燥):大さじ2杯

パサついてしまいがちな鶏の胸肉ですが、マヨネーズを使うことでジューシーな仕上がりに!パン粉に混ぜたパセリと粉チーズが良いアクセントですよ♪

■ 本場の味を自宅で簡単再現♪シュリンプロール

【材料】
・むきえび:110g
・塩:ひとつまみ+仕上げ
・ブラックペパー:適量
・チリパウダー:小1/2強
・鶏ガラスープの素:小1/2強
・にんにくのすりおろし:小1/2
・餃子の皮:12枚くらい
・砂糖(仕上げに):ふたつまみ〜適量
・パセリのみじん切り:適量

シンガポールの人気料理を自宅で作ってみましょう!ザクザクの皮とスパイシーなえびでビールが進むこと間違いなしですよ♪

■ スナック感覚でいけちゃう!がらえびのスパイス揚げ

【材料】
・がらえび適量:1パック
・塩:適量
・GABANあらびきガーリック:適量
・GABANブラックペパー:適量
・レモン:1/6個
・小麦粉:適量
・揚げ油:適量

新鮮ながらエビをさっと揚げて、お好みのスパイスを効かせれば完成!サクサク香ばしい揚げたてのえびは手が止まらない美味しさです。

■ エスニックな香り漂う、贅沢なフライドポテト

【材料】
・フライドポテト(市販・冷凍):100g
・サラダ油:適量
・塩:少々
・チリパウダー:小さじ1/6
・スイートチリソース:大さじ1
・ローズマリー(フレッシュ):1枝
・パルミジャーノ・レッジャーノ:20g

普通のフライドポテトはマンネリ気味という方におすすめのレシピです。チリソースやローズマリーをちょい足しするだけで、エスニックな風味が効いた高級な味に大変身します♪

■ ホットプレートでカリッと焼きあげる小松菜と豚肉の餃子

【材料】
・豚ひき肉:100g
・小松菜(みじん切り):20g
・しょうが(みじん切り):小さじ2
・酒:小さじ1
・しょうゆ:小さじ2
・かたくり粉:小さじ1
・ごま油:小さじ1/2
・ギョーザの皮:20枚
・サラダ油:適量
・しょうゆ、ラー油:各適量

棒状餃子は包むのもとっても簡単♪旦那様はおつまみとして、お子さんはおかずとして、ホットプレートで焼き立てをわいわい食べれば美味しさ倍増です。

■ カリカリ熱々♪カレーパン風揚げ餃子

【材料】
・合挽きミンチ:160g
・玉葱:1個
・人参:1本
・餃子の皮

キーマカレーを揚げ餃子にすると熱々が美味しいビールのおつまみに!カレーが余った時のアレンジレシピとしても優秀です★

■ 余りものでOK!ナンで作る色々具材のピザ

【材料】
・ナン(今回は冷凍庫ナン生地):4枚
・サラミ:1人4枚程度輪切り
・ピーマン:1個 輪切りにする
・トマト:1個 輪切りにする
・ウィンナー:3本 斜め切り
・チーズ:250g 4人分
・ミートボール:1袋 4等分に細かく
・ケチャプ:1人大さじ1
・マヨネーズ:お好みで
・オリーブオイル:1人小さじ1
・塩:お好みで

冷蔵庫の中にあるちょっとずつ余った具材を冷凍のナンに乗せて焼くだけ!ピザソースがない場合は、ケチャップでOKです。それぞれの具材から味が出てボリュームのあるおつまみになります!

■ 小麦粉不要♪米粉のもちもちピザ

【材料】
・米粉:100g
・コーンミール:40g
・片栗粉:20g
・塩:1g
・水:230g
・トマトソース(お好みのソースでOK):適量
・お好きな具材:適量
・とろけるチーズ:適量

アレルギーの方でも美味しくいただける米粉を使ったピザです。米粉で作った生地は、フライパンで焼くとカリカリもちもちの絶品食感に焼き上がります♪

■ 圧力鍋で簡単とろとろ♪柔らかチャーシュー

【材料】
・豚ばら肉ブロック:700g位
・長ネギの上の青い部分:1本分
・生姜の皮(身でもOK):1個分
・酒:50cc
・水(具が漬かる程度):約1L
・酒:100cc
・みりん:100cc
・砂糖:大さじ2杯
・濃口醤油:150cc
・にんにくスライス:1カケ分

時間がかかるイメージのあるチャーシューも、圧力鍋を使えば短時間でとろとろの柔らかさに♪そのままおつまみにしても良し、サラダやラーメンのトッピングなどアレンジも自在ですよ。

■ 節約おかずとしても!新じゃがと手羽中のカレー風味照り焼き

【材料】
・新じゃが:4個
・手羽中:8本/200gくらい
・万能ねぎ(あれば):適量
・酒:大さじ2
・味醂:大さじ1
・醤油:大さじ1/2
・カレー粉(赤缶使用):小さじ1
・中濃ソース:小さじ2/3
・蜂蜜:小さじ1/2
・酒:少々
・塩胡椒:少々

カレー風味の炒め物ってビールに合うんですよね♪新じゃがのホクホク感と手羽中のカリカリっとした食感が楽しめる、おかずとしてもGOODなおつまみです。

■ レンジでOK!ぷりぷりの時短えびマヨ

【材料】
・えび:適量
・マヨネーズ:適量

えびとマヨネーズをレンジにかけるだけの超時短&簡単おつまみです。お好みでにんにくや生姜、ごま油を加えると風味がアップしておすすめですよ。

栄養バランスを考えて♪ビールにあう野菜おつまみ

■ 冷凍枝豆でも美味しくできる♪枝豆のペペロンチーノ

【材料】
・冷凍枝豆:1/2袋
・にんにく:2かけ
・塩:適量
・粗挽き黒胡椒:適量
・オリーブオイル:適量

冷凍枝豆を解凍せずそのまま調理できるのが楽ちんポイント♪にんにくとオリーブオイルの風味が効いた、いつもより贅沢な枝豆おつまみです。

■ 甘じょっぱさがクセになる!はちみつマスタード枝豆

【材料】
・枝豆:1袋(250g位)
・塩:40g
・水(茹で用):1L位
・粒マスタード:大さじ1杯
・ハチミツ:大さじ1杯
・冷水:大さじ2杯

茹でた枝豆と言えば塩でいただくのが定番ですが、かける物を変えるだけでも印象がガラリと変わるんです♪甘じょっぱいハニーマスタードはクセになる美味しさですよ。

■ 優しい和風の味付け!枝豆の煮びたし

【材料】
・枝豆:300g
・水:300ml
・塩:小さじ2/3
・みりん:大さじ1.5
・酒:大さじ1
・鰹節:8g〜10g

枝豆を鰹節で煮ると、まるで和食の小鉢のような上品な1品に仕上がります。胃が疲れている時などにもおすすめの優しい味わいです。

■ 常備菜としてもGOOD!ゴーヤの甘酢漬け

【材料】
・ゴーヤ:小1本
・酢:1/2カップ
・きびざとう:1/2カップ
・めんつゆ:1/2カップ

スライスしたゴーヤを漬け込んでおくだけで出来る常備菜にもおすすめのおつまみ。生だと苦味の強いゴーヤも、こうして食べるとさっぱり感が増してポリポリいけちゃいます。

■ 和えるだけ♪ツナときゅうりの塩昆布和え

【材料】
・きゅうり:本
・ツナ缶:小1缶(80g)
・塩昆布:10g
・ごま油:少々

きゅうり、ツナ缶、塩昆布とどれもご家庭によくある材料だけで出来る1品です。きゅうりは手で割ると味が馴染みやすくておすすめですよ。

おやつ感覚で食べられる!ビールのおつまみ

■ 味付け次第で色々楽しめる♪餃子の皮チップス

【材料】
<ガーリックバター醤油味>
・餃子の皮:6枚〜8枚
・溶かしバター:大さじ2
・ガーリックソルト:小さじ1/2
・醤油:小さじ1
・胡椒:少々
<メープル塩キャラメル味>
・餃子の皮:10枚〜12枚
・溶かしバター:大さじ2
・メープルシロップ:大さじ1 1/2
・砂糖:大さじ1 1/2
・塩:少々
<コーンポタージュ味>
・餃子の皮:6枚〜8枚
・オリーブオイル:大さじ1弱
・コーンポタージュのもと:大さじ1

餃子の皮をトースターでカリカリに焼いたらチップスは完成!あとは袋に調味料を入れて、シャカシャカふるだけで色々なバリエーションが楽しめます。

■ コンソメ香る♪じゃがいもで作るなんちゃってプリッツ

【材料】
・じゃがいも(小):1個
・水:小さじ1
・薄力粉:60g
・溶かしバター:大さじ1
・コンソメ:小さじ1
・塩こしょう:少々

大人はおつまみとして、お子さんはおやつとして食べられるプリッツをご家庭で再現!じゃがいもの素朴な味とコンソメの塩気でビールが進むこと間違いなしですよ。

■ 超簡単なのにおしゃれ!カマンベールチーズのマリネ

【材料】
・カマンベールチーズ
・オリーブオイル
・ハーブマリネ(シーズニングミックス)
・クラッカー
・オニオンスライス

そのままでも美味しいカマンベールチーズですが、マリネすることで塩気がプラスされ、更にビールとあう1品になります♪盛り付けもおしゃれでおもてなしにもGOOD。

同じビールを飲んでいても、おつまみを変えるだけで毎日違った気分で美味しく味わうことができます。作るのも食べるのも楽しみながら、お気に入りのレシピをどんどん増やしてくださいね。