「けやき坂46」のメンバーは全部で12人

写真拡大

ソニー・ミュージックレーベルズは2016年10月17日、女性アイドルグループ「欅坂46」のアンダーメンバーで組織する「けやき坂46」(読み方は「ひらがなけやき」)について、初の単独イベントを10月28日に開催すると発表した。

会場は赤坂BLITZ(東京都港区)。1Fが立見で、2Fの親子・女性エリアは指定席となっている。料金はいずれも500円(税込)。チケットの申込みは19日10時〜20日23時59分に欅坂46公式サイトで受け付ける。申し込み多数の場合は抽選となり、21日中に結果がメールで届く。なお、イベントの模様は11月27日の「TBSチャンネル1」でも放送される。

「坂道シリーズ」が女性アイドル界を制するか!?

イベントの名前は「ひらがなおもてなし会」。出し物やミニライブパフォーマンスが行われる予定だ。

欅坂46は、秋元康さんがプロデュースする「乃木坂46」の関連グループで、「坂道シリーズ第2弾」に位置づけられている。メンバーは21人。結成したのは15年8月21日。11月14・15日に「お見立て会」を実施し、16年4月6日に発売したファーストシングル「サイレントマジョリティー」と8月10日発売のセカンドシングル「世界には愛しかない」は、それぞれオリコン1位を獲得した。

一方のけやき坂46のメンバーは12人。今年の5月11日に合格者が発表された。9月5日に放送された欅坂46の看板番組「欅って、書けない?」に出演して以降、アイドル雑誌の誌面を飾ったり、欅坂46と合同の握手会でファンと直接触れ合ったり、ミニパフォーマンスを披露したりして、徐々に知名度を上げてきた。

12人のうち3人は海外で暮らした経験があり、外国語で自己紹介もできる。また影山優佳さん(15)はサッカー審判4級の資格を持ち、「選手よりも戦術を観るのが好き。好きなチームはサンフレッチェ広島とドイツ・ブンデスリーガのドルトムント」と語る。お嬢様風というか控えめなタイプぞろいの欅坂46に対して、アクティブな女性が多い印象だ。結果としてグループとしてのバランスがとれた感がある。

ところで先輩格の乃木坂46もまた、16年9月4日に第3期生の12人をお披露目した。いまのところ彼女たちの露出はほとんどなく、まだレッスンに励んでいると思われる。

「AKB48を超えた」とささやく声も聞かれる坂道シリーズ。ひらがなけやきと乃木坂46の3期生が競い合うようになれば、より大きなグループになっていくかもしれない。