写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月28日公開の映画『インフェルノ』のラングドン・プレミアム・オーケストラ・イベントが17日、東京・初台の東京オペラシティで行われ、タレントの壇蜜、作家で博物学者の荒俣宏が出席した。

『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年)、『天使と悪魔』(2009年)に続くシリーズ第3弾となる本作は、ラングドン教授(トム・ハンクス)が、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄 インフェルノ篇>に秘められた暗号に迫るミステリー。イタリア・フィレンツェを中心に、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡り、その知性を駆使して、ボッティチェリらの数々の有名美術品や建築物から暗号を読み解きながら全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。

そんな本作の公開を間近に控えて、この日はトム・ハンクス演じる主人公ロバート・ラングドンの名を冠した「ラングドン・プレミアム・オーケストラ」と題したイベントが開催。最高峰のオーケストラ・新日本フィルハーモニー交響楽団が、作品の世界を音楽で再現した。

オーケストラの音楽を間近で聴いた壇蜜は「鳥肌が立つんですね! 音楽が始まってから『すごいぞ!』というのを身体で感じたので、やっぱり素敵だなって思いました」と聴き入った様子。まだ本作は鑑賞していないという壇だが、小説で同シリーズの世界観にハマってしまったといい、「トム・ハンクスが演じるラングドン教授は、『教授何とかしてよ!』という思い入れが強く、謎を解いてくれる先生のような存在なので、尊敬はできますが実際にタイプへと発展するのは時間がかかりそうですね」と話した。

本作のテーマである"地獄"にちなみ、「自身の地獄体験は?」と問われた壇は「この辺(初台)で7〜8年前に付き合っていた人に土下座するというイベントをしたことがあります。そこで謝ったらどんなことが起きるのかやってみましたが、余計に怒らせてしまって地獄でしたね」と答え、さらに「恋での地獄体験は?」と聞かれると「20代の失業していた頃に、転職サービスのスタッフに好きかもっていう感情が芽生えてしまいました。こんなところでこんな気持ちになって何やっているんだろうと思い、地獄でしたね(笑)」と苦笑いを浮かべていた。映画『インフェルノ』は、10月28日より全国公開。