写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは17日、ラグジュアリー・コンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」の世界限定モデル「レンジローバー・イヴォーク・エンバー・リミテッド・エディション」5台の抽選販売を特設ウェブサイトで開始した。

同限定車は、2017年モデルの「HSE ダイナミック」をベースに、ユニークな赤と黒の内外装を採用した。「エンバー(EMBER)」は「燃えさし(木炭が燃えて赤くなっている部分)」を意味する。エクステリアは「プレミアムメタリック・サントリーニブラック」のボディカラーに、「フィレンツェ・レッド」のコントラストルーフ、レッドのフロントとリアのトウイング・アイフィニッシャーなどを組み合わせた。

インテリアはピメント・コントラストステッチをアクセントとしたオックスフォードレザーのエボニーシート、グロスブラック・ストラータトリムのインテリア・フィニッシャーズを採用。パノラミックグラスルーフも装備している。装備面では、ブラインド・スポットモニター、レーンデパーチャー・ワーニング(車両逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキ、ACCキューアシスト機能、インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキアシストなどを装備。リアバンパーの下で足先を軽く横に振るだけでテールゲートを操作できるハンズフリー・パワー・テールゲートも採用した。

「レンジローバー・イヴォーク・エンバー・リミテッド・エディション」は世界で600台の限定販売となっており、日本では5台が販売される。購入には特設ウェブサイトからのエントリーが必要で、申込み多数の場合は抽選となる。価格は905万円(税込)。

(山津正明)