写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Seleniumプロジェクトは10月13日(米国時間)、「Selenium 3.0: Out Now!|Official Selenium Blog」において、Seleniumの最新版となる「Selenium 3.0」を公開したと伝えた。Seleniumプロジェクトは、安定版のSelenium 2.53.1のリリースを待っていたのであれば、この新しいバージョン「Selenium 3.0」へのアップデートを実施してほしいと説明している。

SeleniumはWebアプリケーションのテストを自動化するためのフレームワーク。主要ブラウザに対応し、Webアプリケーションの試験工程を自動化するツールとして活用されている。「Selenium 3.0」の主な変更点はこれまで使われてきたオリジナルのSelenium Coreが廃止され、WebDriverを使ったバックエンドに入れ替えられた点にある。Selenium RC APIを使っているユーザーはこの変更の影響を受けることになる。

WebDriver APIとの互換性は確保されているため、これまでのバージョンでWebDriver APIを使ってきた場合は「Selenium 3.0」は入れ替えるだけで、そのまま使い出すことができる。Selenium Gridを使っていた場合は、JSON設定ファイルを多少変更すること、コマンドラインのパラメータが変更されているのでその部分を変えることが必要となる。しかし、作業自身は簡単なものだと説明がある。

(後藤大地)