柳京眼科総合病院を現地指導した金正恩氏(2016年10月18日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、新しく建設された柳京眼科総合病院を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が18日、報じた。

同通信によると、金正恩氏は「外来病棟の前面を人の目でリアルに形象化し、入院室病棟の外壁には視力検査表を貼り付けたが、外形だけを見ても眼科専門病院であることが分かる」と、明るく微笑んだという。労働新聞に掲載された病院正面のガラス窓を見ると人の目のようにデザインされている。

さらに「柳京眼科総合病院に完備した設備が先端水準だ」「世界で一番よい眼科治療設備を全部備えた」と語った。

現地指導には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、崔泰福(チェ・テボク)金勇帥(キム・ヨンス)趙甬元(チョ・ヨンウォン)、リ・ムンゴン、馬園春(マ・ウォンチュン)の各氏が同行した。