なんて幻想的…月夜に浮かぶ虹「ムーンボー」英国で激写される

写真拡大 (全3枚)

雨上がりの空に現れる虹は「レインボー」。

では、「ムーンボー」というのをご存じだろうか?

「ムーン」とは「月」のこと。そう、夜、月の光に照らされて輝く虹を「ムーンボー」(月虹)という。

見た人は幸せになれる

「そんなの見たことも聞いたこともない」という方がいても無理はない。普通の虹だってそう簡単には見られないが、ムーンボーはさらに珍しい現象。主にハワイなどで見られ、「ムーンボーを見た人は幸せになれる」と言われている。

そうそう見られるものではないからこそ、そんな言い伝えがあるのだろう。

貴重な現象起こる

しかし、幸運にもムーンボーを目撃し、カメラに収めた人物がいた。

その写真がこちら▼

BBCが伝えるところによると、これは英国人写真家Ben Gwynne氏が撮影したもの。

英国北部の空に

ムーンボーが目撃されたのは、ハワイではなくイギリス北部ノース・ヨークシャーのスキプトンというところ。

先の日曜日、現地では狩猟月(中秋の満月の次の満月)が見られるというので、同氏はこれを撮影しようとカメラを用意していた。

ところが午後7時40分頃、期せずして、夜空にこのダブルのムーンボーがあらわれたという。

二重にかかる虹

よ〜くご覧いただきたい。虹が2つかかっているのがおわかりいただけるだろうか。

159photography/Facebook

周囲が明るいように見えるが、この時虹を照らしていたのは太陽ではなく、月の光。屈折して大気中の雨粒内に入った月光が反射、更に屈折を繰り返し、赤青黄色の色彩を放っている。

前述のとおり、この日英国の夜空を照らしていたのは満月、しかも通常よりも明るくて大きいスーパームーンだった。

同氏もムーンボーを見たのはこの時が初めてで、「その瞬間を写真に撮ることができて本当に良かった」と述べている。

※初掲載時、説明が一部不足していたため加筆しました。(2016年10月19日)