風も雨もシャットアウト!雨の日の走行を安全にするレインウェア

写真拡大

自転車ブランド"DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)"より、自転車・バイクでの通勤用に特化したレインウェアが発売された。このレインウェア、乗車する際に危険や不快を感じるデメリットを徹底的に解消しているのだ。

 

■ドローコード、アジャスターで風をシャットアウト!

2015年6月の道路交通法改正に伴い、傘さし運転が摘発対象の危険行為に含まれたことで、レインウェアやポンチョを使用する人が増えている。そんな中、「ライダーズレインウェアDRW308」(1万4040円)は、安全走行のための工夫をしっかりと凝らしている。

rainwear7

フードは着脱して、襟部分への収納が可能な構造になっています。 フードは着脱して、襟部分への収納が可能な構造になっている。

 

たとえば、フードにはつばをつけるだけでなく、後頭部と顔周りに2種類のドローコードを採用。顔や頭にピッタリと沿うよう着用できるので、雨の降り込みによる視界の悪化を回避し、左右や後方の確認もしやすくなっているほか、風で脱げてしまうことも防げる。分離可能な構造なので、バイクでヘルメットを着用する際は外すこともできる。

rainwear3

レインパンツの両裾と右足膝下には面ファスナーのアジャスターを配置。走行中のバタつきを抑えて安全に走行できる。また、太ももまで上がるサイドオープンジッパーを搭載しているので、ブーツなどを履いていてもスムーズに着脱できる。また、パンツの股下は他の部位に比べ、縫製と生地の強度を向上させているので、自転車通勤で繰り返しペダルを漕ぐ人でも安心だ。

rainwear6

rainwear4

rainwear5

その他にも、夜間走行時に存在をアピールするための反射素材や、蒸れを解消するベンチレーションを採用するなど、隅々まで考えられた機能はさすが「ライダーズレインウェア」。

rainwear main

 

サイズはMサイズ(適応身長160-175cm)とLサイズ(適応身長170-185cm)の2タイプ。専用レインウェアで、自転車・バイクでの通勤を快適に!

DOPPELGANGER「ライダーズレインウェアDRW308」
>> http://www.doppelganger.jp/option/drw308/

 

(文/&GP編集部)