「泥棒が入った」通報で駆け付けた保安官が目にした光景がオカシイ

写真拡大 (全3枚)

1人で留守番をしているとき、家の中で怪しい物音がしたら、思わず警察に通報したくなるのが人情だろう。

おまけに、飼い主に危険を告げるべく、愛犬たちがワンワン吠えたてれば尚更である。

「侵入者あり」と通報

The Dodoが伝えるところによると、米カリフォルニア州に住む18歳の男性も然り。

日本の110番にあたる緊急通報911に電話し、「誰かが家の中に侵入したようだ」と告げた。

自らと愛犬の身を守るため、バリケードを築き待っていた男性は、保安官らが到着した際、「泥棒が入ったようだ」と震えながら話したという。

2階から怪しい物音

一方、外から家の様子をうかがっていた他の保安官は、確かに何かを引っかくような怪しい物音を耳にした。

音のする方向をライトで照らすと…

彼らが目にした光景がこちら▼

Sonoma Sheriff/Facebook

その正体に脱力

これが、先ほどから2階でカサコソと音を立てていた張本人だ。

更に寄ってみればその正体は明らか▼

Sonoma Sheriff/Facebook

周囲の喧騒をよそに、天窓から優雅に見物を決めこんでいるのは、この家で飼っているグレートデーン。

大きな犬なので、2回の部屋の天窓にも悠々と背が届き、夜風を浴び涼んでいたのだろう。

パニックで存在忘れる

下では、ワンワン吠えたてる他の犬たちに乗じて、すっかりパニックに陥ってしまった飼い主が、犬が1匹足りないことにも気付かず通報したというわけだ。

もっとも、他のワンコが吠えていた理由は、「自分たちも天窓から外の空気が吸いたい!」と訴えていただけとも考えられる。

この顛末に、そして周囲と比べあまりにも対照的なワンコの表情に、現場は笑いに包まれたという。